ブログを書いた方が良い理由。

訪問ありがとうございます。

project a.c.c.r.の山本優作です。

こんな時間にこんなタイトルの記事を投稿する勇気。

---------------—–

さて、僕個人の趣味ブログ方では中々できていないんですが、ブログは当然、毎日更新した方がよいんですね。

みんな言ってますし、なんとなく「そうなんだよねー」くらいの気持ちはあるかもしれません。

ただそこで

  どうして毎日更新した方がいいのか

ということを考えたことがありますか?

生存報告?

活動報告?

いえいえ、それは発信する側の視点の言葉ですね。

ここはひとつ、お客さんの視点で考えてみましょう。

あなたはとあるライブハウスに友人が出演するということで遊びに来ました。

何組かの出演者が出てくる中に、一組だけやたらと気になるアーティストが。

さっそくフライヤーを手に取り、そこにプリントされていたQRコードをケータイで読み取り、ブログページにジャンプしました。

  更新されてねぇじゃん(; ̄Д ̄)

せっかく楽しそうな人達だったのに、がっかりしちゃいますよね。

みんながみんが直接話しかけられるくらい快活という訳ではないですし、ひとつのページがダメだったから他のページを検索してくれるとも限りません。

このミュージシャンは、ファンになってくれたかも知れない人を1人失うことになってしまうかもしれないですね。

あちこちで何度も言っていますが、ブログというのは記事を視覚的にデザイン出来るんです。

FacebookやTwitterでは出来ないアプローチで、みなさんの活動記録やその日の一日を記録して、保存できます。

確かにFacebookやTeitterでも記事の保存は行われていますが、SNSの記事はニュースフィードやタイムラインで流れてくるものを読まれていることが殆どです。

ブログは、読んだその記事の隣りに過去の記事へのリンクが付いていますよね。

SNSが人の情報が錯綜する学校や職場のようなものだとすれば、ブログは自分の家のようなところです。

そこに来てくれる人は、先ほどの例のように既にあなたに興味を持ってくれていることが多いです。

つまり、見込み客ということ。

一番お客さんになってくれる見込みのある人達です。

その人達のために、最も濃厚で最も楽しい情報を保管し続ける場所として、ブログの存在は非常に大きな力になってくれます。

ちなみに、ほとんどデザインを調整せず更新も滞っているブログは、

  「何コイツやる気あるの?」

的な印象を与えてしまいかねないので在るだけ損です。

きちんと運営できないのなら、アカウントを自分と分からないようにしてSNSの方でしっかりお客さんや見込みの方とコミュニケーションをとりましょう。

--------------------

なんだか厳しいことを言うようですが、ほとんどのアーティストの方がブログやSNSをする理由は、集客や販売に繋がるファンを作るためですよね。

これはどうあがいても、ゴリゴリのビジネス目的です。

満足を提供して、お金を稼ぐ訳ですから。

それならやっぱり、それなりの運用をしないと、ですよね。

覚えておいて下さい。

皆さんのブログに来る方は三種類に分けられます。

  ①【既に知り合い】

  ②【初めての人】 

  ③【リアルで興味を持ってくれた人】

みんな大切にしないといけないんですけど、特に③の強い見込み客は、逃がしたくないですよね。

なら、ブログでも思いっきり楽しませてあげましょうね。

では、今日はこの辺で。

おやすみなさい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です