SNSの達人になっても作品は売れない

Facebookなんかではちょいちょいお伝えしているんですけど、最近怪我をしたんですよ。

はい、自転車ですっ転んで、肩の筋を違えました。

いわゆる亜脱臼というやつです。

で、怪我をしてから気付いたんですけど、睡眠時間と睡眠の質が変わりました。

なんというか、一言で言うと良く眠れるんですよね。

で、一眠りするほどに体が回復しているのを感じます。

人の体ってすごいなこれ・・・

人体の不思議

「人体の不思議」で検索した結果。

だいたい予想はしてたけど、ここまで七つの海を股に掛けてる感じだとは思わなかった。

――――――――――――――――――

SNSの達人になっても作品は売れない

――――――――――――――――――

僕がアーティストのためのSNSの運用ノウハウを見つけようと思って本を何冊も読んだりネットワークビジネスをやっている方の動画やブログをマメにチェックするようになって、割と直ぐに気付いたことです。

たぶんこのブログから何かを得ようとしていらっしゃる方も、ある程度感じているんじゃないでしょうか。

例えば、セミナーを開催したりすると一番食い付きが良いのがFacebookのマメ知識!とかなんです。

フランクに話していますし、すぐさま実践できる手軽さもありますから、気持ちはとても理解できます。

でもでも、それを知っていても、自分の作品が売れるかというと、そんなことないんですよね。

だって、ビジネスをすること、つまり、

お客さまに心から喜んで頂いて、その対価としてお金を頂く

という視点で考えると、SNSはただのツールでしかないんですから。

【格ゲーのキャラの技コマンドを上手に入力できるからといって、ゲームが強い訳じゃない】

【色んな編みのテクニックを知っているからといって、良いセーターが編める訳じゃない】

【超絶ギターテクを持っているからといって、心に響くギターが弾ける訳じゃない】

そういうことです。

大切なのは「知ること」ではなく、「どう使うか」ということです。

細かなワザやテクニックは便利で楽しいですけど、例えば

YOUTUBEにコンテンツをアップして、普段からしっかり交流を深めているFacebookTwitterでファンに伝えて、喜んでくれた方をもっと楽しませるためにダイレクトなコンタクトでお誘いをかける

というような、当たり前のことをコツコツとやっているかいないか。

そういうところが、最終的な販売実績や集客力に影響を及ぼします。

お客さまがあなたの作品を買う理由を用意できなければ、どんなにSNSのシステムやテクニカルな部分を磨いても、あなたの活動をビジネスにすることはできません。

分かりやすい部分ばかりでなく、地味で、忍耐の必要なところにこそ真髄があったりするんですよね。

といったところで、今回も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

痛めた左肩に力が入らなくて”前に習え”もできないa.c.c.r.の優作ちゃんがお伝えしました。

―――――――――――――――

山本優作のその他のページ

アクロマガジン

→「提案」「相談」「質問」といった形で、みなさんの毎日のブログ更新のきっかけとなるような情報を発信しているメールマガジンです。

購読される方が増えてきたら、購読されている方同士のブログやSNSを繋ぎ、交流の輪を広げたりするようにしてゆきます。

登録を希望される方は

accr.magazine@gmail.com

に、お名前(ニックネーム可)を記入の上空メールを送って下さい。

Facebook

→日々の色々をゲヘゲヘ笑いながらアップしています。 他のユーザ―さんたちとのやり取りが最も活発なSNSです。

アーティストのための自立自活研究所

→僕が管理しているFacebookページのひとつ。 ビジネス書やビジネスブログ等で勉強した内容を、アーティストに向けた言葉で更新しています。

AmebaBlog

→不定期更新のユーモアエッセイ風ブログです。 土屋賢二さんやさくらももこさんのような、”笑えるブログ”を目指して更新しています。ブログタイトルは~山本優作のエッセイブログ「そこちょいフラットやで」~

Twitter

→SNSのちょっとした活用術を呟く他、プライベートな呟きもしています。 最近楽しみ方が分かってきて中毒気味。

YouTube

→ギターの特殊奏法の解説から走り回るチワワまで、過去から現在までにアップした動画が一堂に会する僕のyoutubeチャンネル。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です