一本の投稿記事より、一本のメール

7年ほど使い続けて来た事務椅子がいよいよ限界で、背もたれにもたれると体がほぼ水平になるまで倒れるようになってしまいました。

作業の合間に

「ふぅ~」

なんて言ってゆっくりもたれたら、そのまま

「ぅぅぅぅああああああああああああああ(ごしゃ)」

と天井を見ながら後頭部を床で強打、なんてことが既に何度か。

もう本当、ハデス的な何某がお迎えにやって来たのかと思うほど怖いんで、今の部屋に滞在するのもあと4カ月ほどですが、買い替えます。

んーんんもったいない。

事務椅子

これくらい気合いの入った椅子がよろしいなぁ。

マスター、こいつをたのm・・・7万円?

マスター、ちょっとリサイクルショップに行く用を思い出したから失礼するよ。

―――――――――――――――――

一本の投稿記事より、一本のメール

―――――――――――――――――

Facebookブログにどれだけライブの情報をアップしても反応が薄い、集客に繋がらない、ということは、誰しも経験しているところでしょう。

どうして反応が薄いのかというと、自分のイメージを作りきれていないとか、それを伝えられていないとか、色々なんですけど、ひとつの大きな要因に

ネット文章は根本的に独り言だから

というものがあります。

つまり文章を読んだ方が、これは自分のために書かれた告知だ、と感じることが難しいということ。

しかもブログ記事やSNSへの投稿記事は、そのサービス自体にお客さんがログインしてくれなければ文字内容を伝えることさえできません。

早い話しが

SNSは純粋な広告媒体としては決して優秀ではない

ということです。

あなたが質の良いコンテンツを何度も投稿し、マナーを守って楽しくコミュニケーションを重ねてゆく一方で、こういった事実をしっかりと認識しておくことが大切です。

だから、

ブログに告知記事を書くことは、宣伝では無い

くらいの気持ちでいましょう。

もちろん既にあなたの魅力を知っていて、次のライブはいつかいつかと待ち構えている方にとっては大切な情報になりますが、普通はそうでないグレーな方の方が圧倒的に多いものです。

だから当たり前ですけど、しっかりメールを作ること。

落とせないライブの時なんかは、できたら一人ひとりに個別に書くくらいの気持ちで作りましょう。

メールは、名指しで「あなたに来てほしい」と伝えるための大切なツールです。

お誘いのメールを投げられる相手、つまりリストに何人のメアドが登録されているかで、集客は全く違ったものになります。

SNS運用の際には、SNSだけでは足りないものがある、ということを自覚して、そこを補うように他のツールを使いましょうね。

では、今回も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日はちょっと涼しくて、気持ちいつもより元気なa.c.c.r.の優作ちゃんがお届けしました。

―――――――――――――――

山本優作のその他のページ

アクロマガジン

→「提案」「相談」「質問」といった形で、みなさんの毎日のブログ更新のきっかけとなるような情報を発信しているメールマガジンです。

購読される方が増えてきたら、購読されている方同士のブログやSNSを繋ぎ、交流の輪を広げたりするようにしてゆきます。

登録を希望される方は

accr.magazine@gmail.com

に、お名前(ニックネーム可)を記入の上空メールを送って下さい。

Facebook

→日々の色々をゲヘゲヘ笑いながらアップしています。 他のユーザ―さんたちとのやり取りが最も活発なSNSです。

アーティストのための自立自活研究所

→僕が管理しているFacebookページのひとつ。 ビジネス書やビジネスブログ等で勉強した内容を、アーティストに向けた言葉で更新しています。

AmebaBlog

→不定期更新のユーモアエッセイ風ブログです。 土屋賢二さんやさくらももこさんのような、”笑えるブログ”を目指して更新しています。ブログタイトルは~山本優作のエッセイブログ「そこちょいフラットやで」~

Twitter

→SNSのちょっとした活用術を呟く他、プライベートな呟きもしています。 最近楽しみ方が分かってきて中毒気味。

YouTube

→ギターの特殊奏法の解説から走り回るチワワまで、過去から現在までにアップした動画が一堂に会する僕のyoutubeチャンネル。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です