Facebookで安全で楽しく友達を増やしてゆく方法

さすがに土曜日の朝は体がズッシリきてます。

今日も35度を越えるとかでね、昨日はなんだかんだで5リットルくらい飲み物を飲んだのに一回もトイレに行きませんでしたから、しっかり備えていかないとですよ奥さん。

102

それでも夏が好き。

あらわな肢体を披露してくれたのは地元の劇団で看板女優をしてた友達の息子。

―――――――――――――――――――――――――

Facebookで安全で楽しく友達を増やしてゆく方法

―――――――――――――――――――――――――

ソーシャルメディアというのは、少なからず個人情報を扱うものです。

ことFacebookは実名制度の採用やメールアドレス、場合によっては電話番号などが記憶されていて、今よく言われているなりすましアカウントの乗っ取りなんかの被害に合うと、自分だけでなくフレンドのみなさんにも大きな迷惑を掛けることになります。

Facebookでは、

知っている人と確実に確認がとれなければフレンド申請をしない、許可しない

というのは、既にソーシャル界での常識です。

少なくとも、自分のアイコンをきちんと設定していない人からの申請がきたら、まずは疑って掛かりましょう。

といっても、人との繋がりが広がらなければFacebookを堪能しているとは言えないですよね。

そんな時にお勧めなのが、コメント欄を使って予め他の方とコミュニケーションを取っておくことです。

あなたのフレンドの投稿に他の誰かが付けたコメントに絡むようなコメントを、あなたが続けて投下するということです。

ノリの良い方ならそこでひとつ絡み返してくれます。

ひとしきりやり取りを楽しんだら、後はその方の基本情報を確認して、メッセージでご挨拶をして、フレンド登録を交換するだけです。

超普通。

超普通ですが、この普通なことをしないから、なりすましやアカウントの乗っ取りをしよう、なんて不遜な輩が現れるんですね。

みなさんはきちんとフレンド申請より先にコミュニケーションをしていますか?

面倒くさがって、適当に申請に許可をしていませんか?

相手の存在が確実なら、なりすましも乗っ取りも何の問題もありません。

昨日の記事でもお伝えしましたが、

先ずはコミュニケーションを。

信用できないからFacebookを辞めちゃうだなんて、勿体ないですよ。

それでは、今回はこの辺で。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

明日はお休みと口の中でブツブツつぶやくa.c.c.r.の優作がお送りしました。

―――――――――――――――

山本優作のその他のページ

アクロマガジン

→「提案」「相談」「質問」といった形で、みなさんの毎日のブログ更新のきっかけとなるような情報を発信しているメールマガジンです。

購読される方が増えてきたら、購読されている方同士のブログやSNSを繋ぎ、交流の輪を広げたりするようにしてゆきます。

登録を希望される方は

accr.magazine@gmail.com

に、お名前(ニックネーム可)を記入の上空メールを送って下さい。

Facebook

→日々の色々をゲヘゲヘ笑いながらアップしています。 他のユーザ―さんたちとのやり取りが最も活発なSNSです。

アーティストのための自立自活研究所

→僕が管理しているFacebookページのひとつ。 ビジネス書やビジネスブログ等で勉強した内容を、アーティストに向けた言葉で更新しています。

AmebaBlog

→不定期更新のユーモアエッセイ風ブログです。 土屋賢二さんやさくらももこさんのような、”笑えるブログ”を目指して更新しています。ブログタイトルは~山本優作のエッセイブログ「そこちょいフラットやで」~

Twitter

→SNSのちょっとした活用術を呟く他、プライベートな呟きもしています。 最近楽しみ方が分かってきて中毒気味。

YouTube

→ギターの特殊奏法の解説から走り回るチワワまで、過去から現在までにアップした動画が一堂に会する僕のyoutubeチャンネル。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です