文章の構成に気付いて、自分のワザにしてしまう

訪問ありがとうございます。

project a.c.c.r.の山本優作です。

最近自宅のプリンターの調子がよろしくなくて。

黒のインクが出ないんですよね。

カートリッジを買い替えてどうだ、といったところですが、これでダメだったらいよいよ本体の買い替えを考えないと…かくして物質世界の連鎖からは抜け出せない云々。

今度はスキャナとの複合機にしなきゃ(少しワクワクしてたりもする)。

―――――――――――――――

さて、昨日の記事の例文の書き写しはやってみましたか?

良い文章は、言葉を噛みしめながら書いているだけでも気持ちが良いものです。

それは言葉そのものが持っているリズムや空気、デザインや歴史やある種のまどろっこしさが、僕らの感性に深いところでリンクしているからでしょう。

本当に日本語っていいよなぁ。

ということで、今回は昨日の例文を分析していってみましょう。

改めて、仲畑高志さんのサントリー角のコピーです。

――――――――――

「角」÷H2O

そのH2Oが問題なのです。井戸水に限るという者がいるかと思えば、いや井戸水はいけないという者がいる。

そこへ、ミネラルウォーターが良いと口をはさむものがいて、

水道で充分という者がおり、

それならば断じて浄水器を使用すべしと忠告するものがいる。

また、山水こそ至上と力説する自称水割り党総裁が出現し、

清澄なる湖水に勝るものなしとの異論が生じ、

花崗岩層を通った湧き水にとどめをさすと叫ぶものあり。

果ては、アラスカの氷(南極ではいけないという)を丁重に削り取り、

メキシコの銀器に収め、赤道直下の陽光で溶かし、さらにカスピ海の・・・

と茫洋壮大なる無限軌道にさまよう者もある。

と思えば、そっとあたりを伺い、声をひそめ、

ただひと言、秋の雨です、と耳うちする者がいたりする。

我が開高健先生によれば、「よろし、よろし、なんでもよろし、

飲めればよろし、うまければよろし」ということになる。

さて、あなたは? 今夜もあの方と、水入らずで。 「角」

――――――――――

ううん、何回読んでもいいなぁ。

要はウィスキーを割る水についてのお話しなんですけど、庶民的なところから始まってどんどんマニアックな方向に進み、ちょっとアブナイぜってな所までいって最後は水割りの話しなのに「水入らず」で締める。

憎いねぇ。

このコピーだけで酔っぱらえそうです。

書き写せば分かるのですが、この文章はウィスキーをどんな水で割るか、というということについて、色々な人が色々な意見を言っている、という話しで、その拘りというか、考え方が

1,2,3,4、・・・

ではなく、

1,2,4,8,16、・・・

と加速度的に増しているというところに、読み手を引き込む引きの強さがあります。

また諸説が「という者がいる」という言葉で次々に紹介され、そのマニアックさやバカバカしさに合わせて「という者がいる」や接続詞がゴリゴリと変化してゆきます。

――――――――――

そこへ、・・・・・ものがいて、

・・・・・という者がおり、

それならば断じて・・・・忠告するものがいる。

また、・・・・と力説する・・・・が出現し、

・・・・・との異論が生じ、

・・・・・と叫ぶものあり。

果ては、・・・・・

・・・・茫洋壮大なる・・・・にさまよう者もある。

と思えば、・・・・と耳うちする者がいたりする。

――――――――――

ここだけ読んでもリズミカルで楽しいですよね。

それでもやっぱりこのコピーの良さは断然「・・・・」の中によるところが大きくて、どんどん規模が大きくなっていきながらも「秋の雨」で一旦落とし、「開高健」さんという小説家の言葉で結んでいます。

その辺のセンスは一朝一夕では身に付きませんが、この記事のレトリック、つまり、構成は、真似できますよね。

こう言うと、そう簡単に出来る訳が無いと言う人がいれば、やれば出来るという方もいます。

読めば十分理解できると言う人もいるし、百回書き写して真髄に迫らねばならないと拳を堅くする人もいます。

かと思えば、実は全く感動しておらずにウィスキーはロックが一番だなんて思っている人もいるだろうし、そもそもビール党の俺にウィスキーの話しを振って一体何がしたいんだと論点が遥か地平の果てに着地してしまっている人もいます。

・・・ね。

上手いかどうかは別として、こういった文章のレトリックをひとつ、またひとつとストックして、自分の書く言葉の中に生かしていくこと。

リードギターを弾く人が、色々な曲をコピーするうちにオリジナルの楽曲の中で自分が使えるフレーズが増えているのと全く同じです。

そもそも「書き写し」という行為自体に、自分が好きな文章を自分で書くという喜びがあります。

「俺脳内処理できるし」

なんてとっぽいことを言っていたら、一番美味しいところを食べ残しているかもしれません。

是非一度、紙にでもディスプレイにでもいいので、書き写してみて下さい。

こういうのが楽しくなってくると、もう書かずにはいられない訳ですよ。

では、今回も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

これから軽く部屋の片づけをして出勤です。

今日も楽しくやりましょう。

キィエッ

―――――――――――――――

山本優作のその他のページ

アクロマガジン

→「提案」「相談」「質問」といった形で、みなさんの毎日のブログ更新のきっかけとなるような情報を発信しているメールマガジンです。

購読される方が増えてきたら、購読されている方同士のブログやSNSを繋ぎ、交流の輪を広げたりするようにしてゆきます。

登録を希望される方は

accr.magazine@gmail.com

に、お名前(ニックネーム可)を記入の上空メールを送って下さい。

Facebook

→日々の色々をゲヘゲヘ笑いながらアップしています。 他のユーザ―さんたちとのやり取りが最も活発なSNSです。

アーティストのための自立自活研究所

→僕が管理しているFacebookページのひとつ。 ビジネス書やビジネスブログ等で勉強した内容を、アーティストに向けた言葉で更新しています。

AmebaBlog

→不定期更新のユーモアエッセイ風ブログです。 土屋賢二さんやさくらももこさんのような、”笑えるブログ”を目指して更新しています。ブログタイトルは~山本優作のエッセイブログ「そこちょいフラットやで」~

Twitter

→SNSのちょっとした活用術を呟く他、プライベートな呟きもしています。 最近楽しみ方が分かってきて中毒気味。

YouTube

→ギターの特殊奏法の解説から走り回るチワワまで、過去から現在までにアップした動画が一堂に会する僕のyoutubeチャンネル。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です