「得」ができることが大事。

訪問ありがとうございます。

project a.c.c.r.代表の山本優作です。

度々仲間がa.c.c.r.のことを紹介してくれるのですが、ほぼ確実に最後の「.」が抜けます。

---------------

さて、僕は今日一日ある言葉に支配されていました。

 セルフブランディング

自分をブランド化させていこう、って言葉です。

アーティストとして生きていきたいなら、SNSの運用以外の面においても無視しては通れないってくらい重要なことです。

どう言えばセルフブランディングの重要性を伝えられるか…

日がな考えまして、今日買ってきたばかりのホワイトボードの前で実際に喋りながら書いちゃ消し書いちゃ消し。

ひとしきり説明のパターンが固まってきたところではたと気付きました。

この話し、いらないんじゃね?

そう、みんなセルフブランディングのことなんか知りたくないんですよね。

知りたいのは、SNSを使って儲けを作り出す方法のはずです。

だって僕はアーティストの自立自活をサポートする企画の代表で、ここはSNS活用研究ブログですから。

だから僕はやるべきことは、いかにセルフブランディングが大切か、ということを語ることではなくて

効率的で実用レベルな技術やノウハウを実践していたらいつの間にか  セルフブランディングが出来ていた

というシナリオを作ることなんですよね。

お蔵入り思考

今日一日かけて作って倉庫に入ることになった考察

---------------

これはアーティストやクリエイターとして生きていこうと考えている方にも言えますよね。

お金を稼ぐことを考える、つまり表現を「仕事」として捉えると、必ずそこにはお客さんという存在が必要不可欠です。

お客さんを満足させること、平たく言うと「得」をさせることで利益が発生する訳ですね。

それはやっぱりSNS上でも同じなんです。

みなさんのSNSは

お客さんが「得」するようにできてますか?

記事が笑える、有益な情報がある、感動的なストーリーがある、、、何か一つでもいいから、お客さんが「得」することを組み込むことで、あなたのSNSはあなたの活動を大いに助けてくれるようになります。

明日(というか日付けが変わって今日)は、その辺について書いてみますね。

では、おやすみなさい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です