付き合う先輩はトコトン選ぶ

訪問ありがとうございます。

project a.c.c.r.の山本優作です。

なんだか今週はちょっと大変だったみたいで、いつもは6時間くらい寝れば元気なんですけど、今日は7時間寝てもズシン、という感じ。

もっと短い睡眠時間で動ける人ってすごいよなぁ。

あたしゃ電車で本を読もう、ってタイミングでちょっとでも眠いともうストレスだってのに。

---------------

さて、せっせくライブハウスのような場所に足を運んでいると、当然先輩アーティストという立ち位置の方とも知り合っていきますよね。

自分よりも長く表現に携わっていて、知見も深く、実際上手い。

今まさに自分のアーティスト生活を始めたばかりの方は、自分に出来ないことを平然とやってのける先輩に、痺れたり憧れたりしたりもするでしょう。

もしかしたらその先輩もこっちのことを可愛がってくれて、事あるごとにアドバイスをくれるかもしれません。

でも、ちょっと待った。

そこであなたのアーティストとしての目的、目標を、少し思い出して頂きたいんです。

デビューしたいんでしょうか?

自主レーベルを立ち上げて活動したいんでしょうか?

週末を仲間と音楽に囲まれて過ごしたいんでしょうか?

自分の腕を磨いて演奏を楽しみ続けたいんでしょうか?

どれでもいいんです。

例えば音楽なら、あなたがデビューして幸せになれるのならデビューを目指せばいいし、サンデーミュージシャンで幸せになれるのなら、それを目いっぱい楽しめばいいんです。

どれが良くてどれが良く無い、なんてことはありません。

ただ、本当に人に知られていきたくて、自分の表現を少しでも広げたくて、それを糧に生きていきたい、と思うなら、付き合う先輩は選ばないといけない

多いんですよ。

コンテンツにしか目線を向けられない、向けていない方。

以前からの記事でもお伝えしてきた通り、SNSが作ったソーシャルメディア時代という現代は、

情報過多

選択困難

という性格を持っています。

良い作品は、山のようにあります。

良いアーティストも、大勢います。

それが常に、リアルやネットを問わずに飛び交っているんです。

つまり

作品が良ければ勝手に広がるような時代ではない

ということです。

だって忘れちゃうもの。

どんなに良い作品を見て感動しても、そこにその作品しか無ければ、いずれ忘れるんです。

みなさんも、たくさんのものを忘れてきていると思います。

だから、繋がり続ける対話を続ける友達になってしまう、ということが重要なんです。

様々な表現作品が並び立つ世の中で、あなたの作品を選ぶ理由を用意してあげないといけません。

深く付き合うことになる先輩は、良くも悪くも自分のこれからを大きく左右します。

その先輩が、時代や人に対してポジティブかどうか、しっかり見極めてお付き合いの深度を考えていきたい所です。

では、今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日もぎゃんばりましょう。

---------------

山本優作のその他のページ

Facebook

→日々の色々をゲヘゲヘ笑いながらアップしています。 他のユーザ―さんたちとのやり取りが最も活発なSNSです。

アーティストのための自立自活研究所

→僕が管理しているFacebookページのひとつ。 ビジネス書やビジネスブログ等で勉強した内容を、アーティストに向けた言葉で更新しています。

AmebaBlog

→不定期更新のユーモアエッセイ風ブログです。 土屋賢二さんやさくらももこさんのような、”笑えるブログ”を目指して更新しています。ブログタイトルは~山本優作のエッセイブログ「そこちょいフラットやで」~

Twitter

→SNSのちょっとした活用術を呟く他、プライベートな呟きもしています。 最近楽しみ方が分かってきて中毒気味。

YouTube

→ギターの特殊奏法の解説から走り回るチワワまで、過去から現在までにアップした動画が一堂に会する僕のyoutubeチャンネル。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です