ブログは今から書く記事で誰を楽しませるのか決めると書けるのさ

訪問ありがとうございます。

project a.c.c.r.の山本優作です。

昨日久しぶりに行きつけのラーメン屋にいったらすんごい幸せな気分になりました。

節制も大事だけど、たまには許してやらんとですね。

ふふ…ニンニク…ふふ…

---------------

楽曲を作ったり、アルバムを作ったり、ライブの構成を考えたりする時に、よくターゲットを絞る、と言います。

どうしてターゲットを絞るのか、ご存知ですか?

それは、たとえば音楽の場合だと、

楽しませる相手を明確にした方が、組むべき段取りや構成を具体的に決めやすいから

です。

不思議なものですが、楽しませたい相手を絞れば絞るほどコンテンツの質は上がってゆきますし、結果的にリピーターが増えたり、売り上げが上がったりするんですね。

これは、SNSでも同じことが言えます。

「俺、何書いたらええのんや…」

と真っ白なブログの編集画面を見つめて絶望に打ちひしがれる方は、多くの場合が質の良い独り言か、大衆に向けて発信すべきこと、を書こうとしていたりします。

これは書けなくて当然。

だって、独り言は言いたいことを言い尽くせば出てこなくなるし、そもそも大衆なんてモノが求めていることなんて分からないんですよね。

そこで、ターゲットを絞る訳です。

それはもう絞って絞って、今から書く記事で

誰の役に立つようにするか

誰を楽しませようか

というところまで絞ります。

ええ、数人からひとりまで絞り込むつもりで大丈夫です。

それでいいんです。

だって、たとえばあなたが○○代男性とか、△△系女子、なんて括り方と前提で話しかけられたりしたら、「んん?」ってなると思いません?

僕は20代男性ですが、同じ20代の男でも価値観が全く同じ人を見たことがありません。

それは大量消費時代のみんな同じことやってようよ、という価値観に根差した方法論であって、現代の個性主義かつ商品やサービスが溢れた時代には、そぐわないんですね。

自分に得があるかどうか。

人は、常にその前提で記事を読んでいると思いましょう。

ちなみに僕はこのブログのターゲットをネット活用をしたいアーティスト仲間に絞って更新しています。

悩んでいる、分からない、という声を見かけたら、それにレスポンスを返すような記事も良く書いています。

エッセイ風の記事で更新しているもう一つのブログも、昔から仲のいい友達を笑わせてやろう、というつもりで更新しています。

だから、書けます。

確かに悩ましい日もあるけど、だいたい書けます。

それは僕は文字いずる文学の泉だから、ということではなくて、記事を書こうとする度に誰に何を言うか、というところを明確にしているからです。

ちょっとアイツがこんなことを知りたがってたから、記事に書いてみよう。

今日あった楽しいことを早く誰かに言いたい。

そういう感じ。

あとは、身内ネタに走らないよう、書き方に気を付けるだけです。

ということで、今回は僕のもうひとつのブログを貼り付けて、締めくくります。

今日のお話しを思い出しながら、読んでみて下さいね。

納得できたら、自分でも実践です!

アメブロトップ

ユーモアエッセイ好きのシンガーソングライター/山本優作のブログ

では今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も頑張りもっしょうぞ。

---------------

山本優作のその他のページ

Facebook

→日々の色々をゲヘゲヘ笑いながらアップしています。 他のユーザ―さんたちとのやり取りが最も活発なSNSです。

アーティストのための自立自活研究所

→僕が管理しているFacebookページのひとつ。 ビジネス書やビジネスブログ等で勉強した内容を、アーティストに向けた言葉で更新しています。

AmebaBlog

→不定期更新のユーモアエッセイ風ブログです。 土屋賢二さんやさくらももこさんのような、”笑えるブログ”を目指して更新しています。ブログタイトルは~山本優作のエッセイブログ「そこちょいフラットやで」~

Twitter

→SNSのちょっとした活用術を呟く他、プライベートな呟きもしています。 最近楽しみ方が分かってきて中毒気味。

YouTube

→ギターの特殊奏法の解説から走り回るチワワまで、過去から現在までにアップした動画が一堂に会する僕のyoutubeチャンネル。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です