YouTube動画の記事タイトルと説明文って大事なんだよ

訪問ありがとうございます。

project a.c.c.r. の山本優作です。

家で作るお茶がなんだか好きになれません。

なんか変な臭いがする気がするんだけど、今の家だからではなくてずっと昔から。

お茶の種類を変えてみようか…

ミネラルウォーターなんか使ったら節約してる意味ないし…

ブツブツ…

---------------

さてさて、昨日の記事の最後で「アップした動画からの導線を考えよう」的な予告をしていました。

あれは嘘だ。

あ、違うんです、決して僕もよく分かってないとかそういうアレじゃなくてッ。

いや、やっぱり導線を貼る前に、その動画を誰かに見て貰わないといけないわけじゃないですか。

だからもうちょっと前の段階で

動画タイトルと説明分

が大切だなぁとね、思い至った次第なんであります。

まずは動画タイトルについて。

これは、いつかお話ししたブログタイトルに考え方が非常に似ています。

動画の中身が有る程度予測できて、かつ検索に引っかかりやすいようなキーワードが含まれること。

例えば動画のタイトルが、

「涙と翼」

だけだと何のこっちゃ分かりませんよね。

ちょっとどうしちゃったんだろうこの人、って思われてしまう。

そこを

スラムギター弾き語り オリジナル曲 涙と翼/山本優作」

にしてみると、なるほどって思いません?

まぁ実際にこのタイトルの動画はないのですけど、中身が想像できることが大事っていうのは、記事と同等に重要です。

ここで興味を引けなければ、どんないい演奏をしていていも見て貰えない訳ですから。

ちなみに動画のタイトルを英訳して書き足すだけで、視聴者の範囲を簡単に世界規模に拡大できます。

アーティスト関係の動画は言語を介さないものが多いので、是非この一手間をかけてみて下さい。

ちなみに僕の動画はサウジアラビアやマレーシアの方でも再生されている,,,と、解析ページには表示されていますw

この動画ね↓

次は説明文について。

実はここもインターネットの検索対象になるんです。

特に冒頭の二行はYoutube内で動画検索を掛けた際にサムネイル、動画タイトルと一緒に表示される部分なので、そこだけでもきっちりと作る必要があります。

また、動画の再生ページまで来てもらっても冒頭も三行までしか表示されません。

当然そこにはあなたのHPや他のSNSへのリンクを張り付けたい訳ですから、やはりここでも、検索キーワード分かりやすさを重視すべきです。

ちなみにYouTubeで「SNS アーティスト」という複合キーワードで検索をかけてみると、こんな感じでした。

つべ検索

1ページ目でめっちゃヒットした。

再生回数や総視聴時間が上がればグーグル検索でも上位に上がってきます。

YouTubeの動画コンテンツである、というだけで、非常に大きなSEO効果を発揮するんですね。

ということで今回は動画タイトルと説明文についての記事でした。

明日はー…うん、動画の上げ方を説明します。

では、仕事です。

いってきます。

 ---------------

山本優作のその他のページ

Facebook

→日々の色々をゲヘゲヘ笑いながらアップしています。 他のユーザ―さんたちとのやり取りが最も活発なSNSです。

アーティストのための自立自活研究所

→僕が管理しているFacebookページのひとつ。 ビジネス書やビジネスブログ等で勉強した内容を、アーティストに向けた言葉で更新しています。

AmebaBlog

→不定期更新のユーモアエッセイ風ブログです。 土屋賢二さんやさくらももこさんのような、”笑えるブログ”を目指して更新しています。ブログタイトルは~山本優作のエッセイブログ「そこちょいフラットやで」~

Twitter

→SNSのちょっとした活用術を呟く他、プライベートな呟きもしています。 最近楽しみ方が分かってきて中毒気味。

YouTube

→ギターの特殊奏法の解説から走り回るチワワまで、過去から現在までにアップした動画が一堂に会する僕のyoutubeチャンネル。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です