怖いけど、聞いたらもうもう失敗できなくなる愛の話し

自分のためにしか作品が作れないと、売り買いの世界では上手くいかんのです。
っていうと色んな人が色んな誤解をするでしょ。

じゃあ俺はもうダメだ、とか。
まあ、ダメなんだけどさ(笑)

ええと、今回の記事で言いたい事は、とても簡単なんです。
この話しを知っちゃうと、もう失敗できなくなる。
だから、「失敗する自分」が好きな人には、辛いよ。
心抉ると思うけど、できるだけ優しく書くから、覚悟がある人は読み進めてみてね。


lgi01a201401210900

人の「感受性」はいつも君を見ている

まず大前提として、人には「感受性」というものがあるのね。
感度が高いか低いか、っていう話しはあるけど、原則として「感受性」を持ってない人は、存在しないんです。

で、その「感受性」は、君の作品が自分に向けられたものなのか、君自身に向けられたものなのかを、見事に見抜くんです。

そうするとね、分かっちゃうんです。
バレちゃうんですよ。

「この人、別に私のことを大切にしてくれてる訳じゃないんだ」

って。

お客さんはシビアだからね。
そういう愛のない人には、少なくとも「自分に愛を向けていないように見える人」には、振り向いてくれないの。

純粋に作品がステキって感じてくれればそりゃラッキーだけど、前から言ってるようにアーティストの魅力って



作品の魅力×人物の魅力



だからさ。
どんなに作品の魅力が良くったって、人物の魅力が低いと、掛け算的に魅力の総合値は低くなっちゃう。
相対的に、他のアーティストの方がキラキラして見えちゃうのよ。

だから、作品作りをする時も、ブログやメルマガを書いて商売をする時も、愛は要るんです。
愛でなきゃ、人の感受性の扉は、開かないんですよ。


愛のない人にやってくる「強制終了」

シンガーソングライターやってると、ああ、この人は自分に向けた音楽しか作れないんだなあ、っていう人をよく見かけます。
もちろん僕自身が自分に向けた音楽を作ってた時期があったし、それはとても長かったわけで。
で、そういう人たちの特徴って、「〜でなきゃいけない」が多いんだよね。



・自分に厳しくなきゃいけない
・ほしいものを我慢してなきゃいけない
・贅沢をしちゃいけない
・楽しいだけの音楽をしちゃいけない
・ロクでもない作品を認めちゃいけない
・自分は幸せになっちゃいけない
・自分は理解されちゃいけない



進んで孤独になって、見事に達成しちゃってる。
その上でニヒルを気取って、「どうせ俺なんかさ」なんて言っちゃう。

痛い痛い痛い。
何回も言うけど、僕はそうだったから。
恥ずかしくってしょうがないけど、本気でこういうことを思ってたから。

ほんで、そういうことをやってるうちは、どうやったって何をしたってうまくいかないんです。
他人を拒みながら自分だけは愛されようって、絶対できない。

むしろそんなスタンスでいる時に作品だけが売れちゃったら、それって想像するだけで精神崩壊しちゃう。
平井堅さんのフェイクスターじゃないけど、周り全部敵になっちゃう。
人気が出れば出るほど敵が増えていく構図になるから、そりゃ生き地獄。
どっかで壊れます。
「強制終了」が掛かります。

アーティストに精神的な振れ幅の大きな人が目立つのは、そういう側面が大きいと思ってます。
僕には鬱っていう形で「強制終了」がやってきたからね。

で、それはそれで、実はいいの。
「強制終了」が掛かるくらい、やってやって上手くいかなくて、そのやり方は、そのスタンスは間違ってるんだよって、神様からのお知らせってことです。

「強制終了」が来るってことは、ちゃんと見守られてるよっていうことなんだよね。


愛のない人はいないからね。大丈夫だよ

「強制終了」がきたらラッキーなの。
それは立ち止まるきっかけになるから。

僕はベッドから出れなくなってしばらく引きこもったんだけど、その時に音楽仲間たちがすごく力になってくれて、話しを聞いてくれたのさ。
で、社会的になんとか復帰できた時に、また同じようなことになるのは絶対嫌だったから、今までとやり方を変えなきゃいけないなって考えた。

その時に思いついたのが、僕の大事な仲間たちがやってないこと、苦手なことを、やってみようっていうこと。
すごく良い作品を作れる人は何人もいたんだけど、商売のやり方を勉強して考えてる人はほとんどいなかったのよ。
で、まず当時まだ新しかったFacebookの活用方法、なんて本を買ってきて、SNSの使い方を勉強したのね。

そのうちそれを人に教えるようになっていくんだけど、その時にまた気付くんですよ。
人にモノを教える人がジメジメしてたり、鬱屈してたり、そもそも教えるのが下手じゃダメだなあ、と。
で、精神とか心の世界にも興味を持って、そっちの勉強をし始めるんですね。

これ、自分で言うのもアレだけど、愛なんです。
「俺ってかわいそうでしょ!」っていうことしかできなかった人が、ヨチヨチ歩きでも「大事な仲間のためになれば」ってことを始めたんです。

誰の中にも愛はある。
こうやって愛をベースに行動を起こした瞬間に、僕の音楽の作り方もすっかり変わったんですよ。

その後は、小規模でもワンマンライブを成功させたり、イベントの広報としてムードを盛り上げたり、コンサルをしたアーティストが一皮も二皮も剥けちゃう場面に遭遇したり、良いことが山ほど起こってるのね。

君の中にも必ず愛はある。
否定的な思考回路の中から砂金をすくうように優しい言葉を拾って、集めて、灯をともしてごらん。
「ああ、やっぱりかあ」っていうところに、新しい人生があるからさ。


愛が行動のベースになると、もう失敗できない

はいはい、言葉がどんどん胡散臭くなってきてるけど、付いてきてますかみなさん。
愛を行動のベースにするっていうのはつまり、



この作品を受け取った人にどんな気持ちになってもらおうか



ということを、考えて考えて考え抜いて、それを元に行動しよう、っていうことです。
そうすると、もう分かるよね。



・誰かを落ち込ませてやろう
・悲しい気持ちにしてやろう
・俺の苦労を思い知らせてやろう



なんて理由で作品を作ったり商売をしたりしても、どう考えても売れる訳ないよね。
そんなこと、子供でも分かるよね。
いいですか?



上手くいってない時は、そういう考えをベースに行動してたんだよ。



そういうのを、愛が無いって言うんです。
当たり前のことを、心から納得してするんです。
音楽を聴く人は、アートに触れる人は、幸せになりたいからアートにお金を出すんです。

だーかーら、自分を愛してくれる人の作品やコピーに、心惹かれるんです。

しかも不思議なことに、愛の無い時に作った作品も、愛をベースに行動できるようになると、ちゃんと輝き始めたりするのね。
だからこれまでの作品も、絶対に無駄にならない。

しかも、本気で人を楽しませよう、幸せにしようってことを考えると、それは絶対に「自分の得意なこと」をやらざるを得ないんですよ。
自ずと、人と自分の最大公倍数を探すことになる。

そういうことを徹底的に詰めて詰めて形にして、正当な料金で販売することが、健全な芸能商売の形なんだと信じます。
やってみて人が喜ばないことは、愛をベースにした行動を取ってれば、「これは違うんだな」って簡単に手放せます。

手放せないってことは、自分のことしか考えてないってことだね。
「頑張ってるんだから、認めてよ!」って思ってるってことだね。

愛がベースになるとこの発想がなくなるから、本当に楽になる。
「失敗」が「失敗」じゃなくなる。
同じ出来事が、「これじゃダメだってことがわかった」っていう「成功」に変わるんです。

だから愛をベースに行動できるようになった人は、もう「失敗」できないんです。
納得できて、今すぐやり方を変えてもよし。
納得できなくて、今のやり方をもっと進めてもよし。



まあでもこの話しは、知っちゃったらもう後に戻れないんだけどね(笑)

あ、あと最後にひとつだけ。
「強制終了」は必要だから起こるただの出来事で、それ自体は悪いものじゃないんです。

「強制終了」が起きた時に、それでも「かわいそうな自分」にしがみつくのか、「おかげさまで生きてる」に移るのか、それで明暗が分かれるというだけね。
うーん、あんまり表現の話しっぽくないな。
まあいいや。

ここまで読んでくれて、ありがとうね。
また。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です