価格設定のコツは「お客さんの財布を気にしない」ことだよ。


bungy-jump004


みんな自分の品物にどんな値段を付けたらいいのかって悩むんだけど、それって色々理由があるのね。
一番多い理由は、「この値段じゃあ高いんじゃないか」って思っちゃう。
お昼間はちゃんと仕事してるミュージシャンと話しをしても、そういう話しになると「お客さんのお財布のためにね」って言ってたりするのね。

それじゃダメなんだよね。
あのね、お客さんのお財布は気にしちゃダメなのよ。

本当は、人の財布なんか気にしてない、出来ない。

人の財布を気にしてるって、それ自分のファンの人たちに「いくらくらいまでなら僕のライブに出せますか?」ってアンケート取ったの?って。
取ってないんだよね。

じゃあなんで「財布を気にしてる」って言うのかって、それ自分の金銭感覚なんですよ。
お客さんのことを気にしてるとか言いながら、自分が「これじゃあちょっと高いなあ」って思ってるってことなの。
気を配ってるつもりでいるけど、本当は自分の都合なんですよ。

だから、本当に慣れないうちは怖いんだけど、本当に思い切った価格設定しちゃっていいの。
だから、それまでいくらくらいの経費を掛けてるのかにもよるんだけど、僕はソロでライブする人は最低でも3000円くらい取ろうねって。
で、1500円とか2000円とか、それくらいの音源とか、グッズを置こうよって。

自分じゃ絶対買わないよなあ、って思っても、それを買うのはアンタじゃないでしょって(笑)


プロフェッショナルはどんな値段でも高いと思ってない

例えば1席10000円くらい取ってるミュージシャンって、それを高いって思ってないんだよね。
音楽てさ、もちろん、経費は掛かるんだけど、ライブの良さって中々数値にできないじゃない。

だからそこで、「10000円も取っちゃ誰も来ないよなあ」なんて思うのって、無駄なんだよね。
「じゃあ5000円ならいいの?」って言われたって、分かんないもん。

ところで、1日1箱タバコ吸う人って、1箱400円だとしたら、1ヶ月で10000円くらい使うんだよね。
毎日缶コーヒーを2本飲む人なら、1本100円だとしたら、毎月6000円くらい使うんだよね。

タバコに月10000円なんだよ。
缶コーヒーに月6000円なんだよ。
月に1回か2回行くライブが1500円って、僕は安すぎると思うんだよね。

ぶっちゃけ、安くってもいいんだけど

本当に値段って何でもいいんだけど、このブログに来てくれる人はきっと稼ぎたい人だから、こう言うんだけどさ。
ちゃんと儲けの出る値段にしようねって。

例えば

・会場レンタル:40000円
・事前のスタジオ経費:20000円
・当日の移動費含めた雑費:5000円

くらい掛かったとするじゃない。
そうした時に、いくら儲けようって、先に目標を立ててみる。
で、「50000円くらいは儲けたいよなあ」ってなったとしたら、電卓叩くんですよ。

40000+20000+5000+50000=115000

じゅういちまんごせんえん。

これをクリアする目標にしたら、そこからチケット代とか、物販を考えるんです。
仮にチケットを1500円として、目標の半分をそれでクリアしようとしたら、

57500÷1500=38.3333…

つまり、お客さんが39人呼べたら、半分はクリアできる。
だけど3000円設定だったら、19人。
4000円だったら、15人でクリアです。
もし3000円で40人くらい呼べたら、それだけで120000円の売り上げで、目標ペイできちゃうのね。

来てくれたお客さんのうち2割くらいの人が物販で2000円くらい使ってくれたら、40人来てたら、8人だから、16000円。
売り上げをもうひとつダメ押ししてくれるのね。

で、1500円で約40人集める苦労と、3000円で同じだけの人数を集める苦労って、だいたい同じなの。
むしろ1500円くらいじゃないと来てくれないような人に頭下げるより、3000円でも4000円でも自分が素敵だと思ったものにお金を出す価値観のある人に「素敵なんですよ!」って言って回る方が、ずっと楽なんですよ。

お金の無い人にはものを売っちゃいけないよ

あのね、お金の無い人に物を売っちゃいけないんです。
これ大事なことなんだけど、3000円もチケット代出したら今月生活費が厳しいっていう人には、YouTubeとか、路上とか、そういうところで聴かせてあげるんですよ。

お金は、ある人に出してもらうんです。
自分のライブに来たら生活が破綻したって、来るなよって(笑)

だから気を使って(るつもりで)安いライブを企画したりすると、今度は自分が赤字こいたりしてね。
語弊を恐れずに言うと、貧乏な人に的を絞ってお金の計算をすると、自分が貧乏になるだけなのね。

だから、豊かな人に的を絞るんだよ。
そしたら、豊かな人は自分が価値あると感じたものには、いくらでもお金が出せるんだよ。
貯金が一銭も無いような人から、お金を取っちゃダメなんだよ。

1回だけ思い切ってみればいい

1回3000円くらい取ってライブをしてみたら、もうそれが普通の感覚になります。
1回自分のライブでまともな売り上げが上がったら、もう元の赤字営業には戻れなくなります。

1回でいいんだよね。
人の財布を気にしてるつもりで、実は自分の自信の無さとか、不安とか、そういうものを覆い隠すための安売りは、結局自分を貧乏にするだけなのね。

だから、1回でいいから、ちゃんと電卓叩いて、計算して、自分に売り上げが出るような価格設定をしてごらん。
そしたら本当に、ひとつ世界が広くなるからね。
思い切りが大事だからね。

では、今回はこの辺で。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です