お金をね、使う予定はもういいから、儲ける予定を立てなさい。

6188569853_5afec96383_o

お金払うのって楽でしょ?
「これは投資だ」なんて思うと気持ちがいいし、なんだか自分が間違ってないような気もするし。

確かに人生に無駄なことなんかないし、その投資もきっといつか意味が生まれるんだと思う。
だけど僕達は、少なくともこの記事のタイトルを見て今読み進めてくれている人は、音楽をお金にしたいんだよね。
そしたら、考えることは簡単なんです。

音楽で稼いだお金−音楽に使ったお金=利益

これが考えられればいいんだよね。
やることは簡単だから、試しにやってみましょう。

経費よりも稼げばそれが儲けになるのです。

商売の構造っていうのは本当に簡単で、使ったお金よりも稼いだお金の方が多ければ、それで成功なんです。
で、どれくらい多くしようか、っていうのが、商売を上手にやりましょう、という話しになるのね。

で、音楽やってる人のほとんどが、いつだってお客にされてるの。

ええ楽器がありまっせ!
って言われてローン組んでみたり

ここでカッチョイイライブができまっせ
って言われて箱をレンタルしてみたり

あのね、僕らの周りって、みんな商売のプロなんですよ。
みんなスゲー技を沢山持ってて、僕らの射幸心やら本能やらを、それはもう絶妙に突っついてくるのね。

で、それはそれでいいんです。
みんな商売だし、それで買ってもらえれば、買った方は気持ちいいし楽しいんだから。
ただそれは、お金を生み出すためのお金の使い方じゃないよねっていうことに気づかなきゃいけないのね。

プロレスみたいに、出された技に片っ端から掛かってるから、いつまでたっても貧乏なんですよ(笑)。
「価値」を伝えよう、ってよく言うけれど、買う側として、この品物やサービスの「価値」は、僕の価値をさらに高めてくれるものだろうか、っていう自問は、常に持っとかなきゃいけないのね。

自分の予定表をちょっと見てごらん

手帳でもアプリでも頭の中でもなんでもいいから、ペラっとページをめくって見てみてください。
その中に、お金を生み出してくれる予定は書き込まれてますか?

ない?
少ない?
儲かるかもしれないけど分からないものしかない?

それじゃ無理だよね。
確実に儲かる予定を作って組み込んでいかないと、採算が合わないもの。

最初のうちはまだいいんだけど、何年も音楽活動をしてきていて、儲けというものがまだ出ていないのなら、それはやっぱり、やり方間違ってますよ、って。
「これはおかしいぞ」っていうことなんですよ。

最初から利益を出すのは無理です

何でもそうなんだけど、人生のステップアップって、「飛び級」って絶対にないんです。
「加速」はするんだけどね。
だけど、必要な手元足場を無視して飛んで上がるなんてことは、まずあり得ません。

まず、音楽って腕を上げるためにもお金が要るんだよね。
教室に通ってない、楽器もいらないヴォーカルの人でさえ、家の賃料やローンがあって、毎日の食事や生活費が掛かるもんね。

だから今本当にお金が無い人が音楽でやっていくために一番最初にやるべきなのは、しっかりとした生活の基盤になる収入を作ることです。

それが出来てる人は、どうしてその仕事で給料がもらえるのかをじーーーっと見つめることです。

バイトでも正社員でも何でもやればいいんですよ。
毎月18万円くらい収入を作って生活の必要経費を10万円くらいに抑えたら、残りの9万円を自由にできるんですよね。

順番なんです。
これは音楽の話しじゃなくて、仕事の話しね。

今収入が無い人、少ない人は、収入を作ったり増やしたりするのが仕事なんです。
収入が安定してる人は、どうしてその仕事の収入が安定してるのかを学ぶのが仕事なんです。

この世の中にある全ての仕事は、さっきも言った

音楽で稼いだお金−音楽に使ったお金=利益

を先に実践んしてくれてる先輩なんですよ。
どんな仕事からも、学べるんだよね。
役人とか工場のラインとか、同じことを繰り返す仕事をしてる人もいるかもしれない。
それなら、カフェでも美容室でもレストランでも映画館でも、自分が普段出歩いてる場所にある先輩のことをじーーーっと見るんですよ。

覚えといてね。
仕事って、「加速」はするけど「飛び級」はしないからね。
今あなたがいる場所の、ひとつ上に上がることに集中すればいいからね。

儲かる予定と儲からない予定

じゃあ儲かる予定って何だよ、っていう話しなんだけど、これも簡単なんです。
例えば、レンタル料金が5万円のライブハウスで企画を打つとするよね。
お客さんが50人くらい入るお店で、計算しやすいように物販のマージンは取られないとしてね。

そこで20万円を儲けようとしたら、お客さん一人あたりに5000円使ってもらえればいいんだよね。
5000×50で、25万円だもんね。
これがまず、大きな目標なの。

そしたら、その目標に向かってまた小さな目標を立てていくの。
で、その小さな目標が達成できるような行動を考えて、決めていく。
これが儲かる予定です。

例えば5000円だったら、何に使ってもらうか、っていう話しなのね。
チケット代を3000円くらいにして、2000円は物販でいこう、とか。

そしたら品物も、2000円のCD一枚だけじゃなくて、500円のタオルとか、1000円のシャツとかね、そういうものを用意するんです。
で、品物を作って、売り場も作って、経費を出しておく。

ただなんとなくCDを作る人がいるけど、こういう目標を持たずに作っても、途中で「ただ売ってるだけ」みたいな感じになっちゃうからね。
良いライブの後って、お客さんは興奮してるから、物販の大チャンスなんですよ。

じゃあ次はそこを50人で満載にしたいから、どんどんリストを集める。
営業ライブをして、素敵な笑顔で、人が喜ぶような曲をバッチリ演奏するんですよ。
そこで手書きでいいから、チラシを配ってメールアドレスを登録してもらうのね。

どんどん具体的になっていくでしょ?
簡単なんですよ、本当に。

逆に儲からない予定っていうのは、「目標がない予定」「人が喜ばない予定」です。
なんとなくお腹が空いたから、マックでハンバーガーを買って食べる、みたいな。

ご飯は体のガソリンだから、食べると儲かるはずなんです。
だけど、惰性の食事はそうじゃないのね。
体調を崩したり、体型が崩れたりして、儲からないんです。

機材をコレクトするのが好きな人がいるんだけど、機材をコレクトしてもお金にはならないのね。
で、今何がしたいですか?って。

コレクトして自分を気持ち良くさせておきたいなら、それでいいんです。
だけど儲けたいのなら、それってちょっとくらい我慢しなよって。
分かりますかね?

まとめ

要するに何かひとつ目標をね、無理やりでいいから作って、それを達成するための行動を考えて決めていくんです。
大雑把でいいから、このライブで10万円儲けようとか、このCDは1000枚売ろうとか、そういう目標を作る。

営業も機材や衣装の購入も、全部そのために使う「生き金」にするんです。
購買欲求を満たすために買い物してると、あっという間に経費がパンパンになるからね。

「本当にこれは必要かな?」

という視点を、しっかり持つ。
そうやってお金を使うプロになった時、初めてお金を使わせるプロとして、戦えるんです。
音活寺子屋だって、お金を使うプロを相手にしてるから、毎回一切手を抜かずに記事を書いて、コンサルをするんです。

お客さんは、お金を使うプロなんですよ。
なのに僕らがお金を使う素人だったら、それは勝負にならないんです。

今何も考えずにやってお客さんがいっぱい集まって売り上げが上がってるなら、そのままやればいいの。
直感でできる人って、いるからね。

だけどそうじゃないなら、まず僕らがお金を使うプロになること。
お金を使うプロは、本当にいいものにしかお金を出さないからね。

それが、お金を使わせるプロになるための、第一歩です。
ということでまずは、「お金を儲ける予定」をひとつ、しっかり描いてみてください。

メルマガメンバーの方は、これが宿題になるから(笑)
どんな答えが返ってくるか、提出、楽しみにしてますね。

それでは、また次回。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です