ブログやメルマガを発信し続けるコツは「ワンソース・マルチユース」

this-is-the-web-500x374

ワンソース・マルチユースという言葉があるの。
要は、ひとつ記事を書いたら、それをメルマガ、ブログ、SNSで使うってことなんです。

僕もまさにそれをしていて、この記事のサイドバーに「寺子屋の内容をさらに深く学ぶ方法があります」っていうアイコンがあるんだけど、ここに登録してもらうと、ブログ記事が上がる度に「ワークスタイル」のメールが届くんですよ。

音活寺子屋通信っていうメルマガなんですが、このメルマガでやってることは


・ブログ記事の解説
・内容に対して「私ならどうする」を考えるワーク



です。

ブログの記事って良くも悪くもコンスタントに更新されていくんで、どうしても読み流す癖がついてるんですよね。
本当に自分の力になってくれる記事も読み流しちゃったら損でしょう、せっかく読んだのに。

だから、「どうしてこういう記事を書いたのか」とか、「この記事に書かれたことを実践するとどうなる」とか、「自分なら具体的にどんなことをするだろうか」ってことを考えることって、すごく重要なんですよね。

みんなやってないことだから、やればそれだけで差がつきます。
興味があったら、ここのページから登録してみてください。


「忙しくなきゃいけない」っていう幻想をぶっ壊せ!

a022925820110815141810

この「同じ記事を違う場所で使うんだよ」っていうことを人に紹介すると、「なんかそれは嫌」っていう顔をされることが多いのね。
それ、なんとなく分かるんです。
だってなんか手を抜いてるような感じがするんだよね。

だけど、そこでひとつブログの読者やメルマガの読者の立場に立ってもらいたくて。

例えば、毎日ブログとメルマガとFacebookにそれぞれ違う記事を投稿しようとしたとするよね。
そうすると、あなたの生活の中で記事を書くことに使える時間が仮に1時間くらいだとしたら、ひとつの記事に20分しか掛けられない計算になるよね。

そしたらもうご推察の通りで、ひとつの記事のクオリティがどーんと下がるんです。
文量も減るだろうし、構成なんか気にする暇もないだろうし。

それで2時間とか3時間っていう時間を使ってもいいんだけど、じゃあそれで本業としての音楽は全うできますかーっていうと、ちょっと怪しくない?
ブログやメルマガやSNSへの投稿はめちゃめちゃ大事なんだけど、それは本職が素晴らしければこそです。

「覚悟」とか「気合」とか言って自分を忙しくさせるような選択をしちゃうと、結局何もかも中途半端になります。
何事もそうなんだけど、人間はたったひとつのことしか出来ない生き物だからね。

だからやるべきことを増やすっていうのは、基本的にはいつだって悪手なんですよ。


君の場合のワンソース・マルチユース

アレなんですよ。
ブログの記事をFacebookでシェアする、なんていうのも、実は立派なワンソース・マルチユースなんです。

で、何をしても間違いってことはないんです。
だから例えば

・ブログが更新されたらメルマガで通知が届く

っていうのもokだし、

・ブログと同じ記事がFacebookページにアップされる

っていうのも全然ok。
もちろん、通知を受け取るだけの楽しい記事になってるとか、ぐんぐん惹きつける記事になってるとか、そういうのは当たり前に必要なんだけどね。

メルマガメンバーの方には宿題として提出してもらってるんですが、メルマガに登録していない方も、「私ならどうするのかな」っていうことをちょっと考えてみてください。

で、こういうことを考えてなんか胸の辺りとかお腹の辺りとか頭とか背中が「ワサワサ」するように感じたら、それはもしかしたら「忙しくなきゃいけない教」の教祖様(自分自身)がお怒りなのかも(笑)。
そういう時はじっくりとそのお怒りを感じ切って、それでもやってみてください。

我々は作業を効率化して、どーーーんと時間を作っていいんですよ。
手を抜くわけじゃないんだからさ。


パターン別ワンソース・マルチユース

こっからはもっと具体的に、使ってるメディアの組み合わせ別に色んなパターンのワンソース・マルチユースを考えていきます。
ちなみに、うちの寺子屋はDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)推奨してるんで、メルマガを使うことが前提です。

「メルマガやりたくないー!」

って人は、自分でなんとかしてください(笑)
コンサル対応してても「アドレス集めたくない」って言われたら、頭抱えるんだよなあ。

◇メルマガ+ブログ+SNS

・メルマガ
更新頻度:毎週1回更新
内容:ライブ情報/メルマガ限定記事

・ブログ
更新頻度:週5回
内容:ライブ情報/通常記事

・SNS
更新頻度:ブログ更新時/メルマガ発行前
内容:ブログシェア/メルマガ紹介/適当につぶやき

たぶん一番多いパターンがこれ。
すごくシンプルな構成だけど、理解しやすくて運用しやすいのです。

解説もいらないと思うんだけど、普段の更新は、例えば平日はブログ記事が更新されて、土日のどっちかでメルマガが届く、っていう感じなんだね。
とにかく悩んだらこれでいきましょう。

ちなみに、メルマガは毎日毎日届くと鬱陶しがられます。
ステップメールならまだしも、普通の書いて出すだけのメルマガなら、週に1〜2回くらいの頻度で全く十分です。

あと、一方的に発し続けるだけだとスグにクオリティが頭打ちしちゃうんで、読者の方に問いかけて声を集める、っていうことを意識してください。
例えば、「ブログについたコメントを受けて、さらに発展させた内容をメルマガで発行する」とか、「メルマガで問いかけた質問に集まった回答にブログで返信記事を書く」とか。

そうするとそこにはお客さんとの「対話」が生まれます。
お客さんにとって、あなたのブログが「自分ごと」になるってことです。
これが、大事なんだなあ。

◇メルマガ+HP+SNS

・メルマガ
更新頻度:毎週1回更新
内容:ライブ情報/メルマガ限定記事

・HP
更新頻度:好きな時に好きなだけ
内容:メルマガ購読アピール忘れずに

・SNS
更新頻度:HP更新時/メルマガ発行前
内容:更新情報・メルマガ紹介/適当につぶやき

ブログを持ってない人の運用パターンです。
「リザーブストック」や「まぐまぐ」みたいなメルマガ配信サービスを使ってるなら特に気にしなくていいんだけど、GmailやYahooメールを使ってメルマガ配信してる人は、HPに鍵付きのページを作ってバックナンバーを保存しとくようにしてね。

◇メルマガ+YouTube+HP/ブログ+SNS

・メルマガ
更新頻度:毎週1回更新
内容:ライブ情報/メルマガ限定記事

・YouTube
更新頻度:好きな時に好きなだけ
内容:素敵コンテンツ

・SNS
更新頻度:HP更新時/YouTube更新時
内容:更新情報・メルマガ紹介/適当につぶやき

YouTubeを活用したパターンです。
本当はYouTubeは標準搭載しておいてほしいくらいなんだけどね。

ブログにしたって考えることは同じなんだけど、YouTubeを使う時も、きちんと「人が集まるコンテンツ」をアップすることが大事なのね。
だってその後の成果とか、売上とか、お客さんになってもらって、喜んでもらうことが目的なんだもの。

だから再三言ってるけども、オリジナルコンテンツは再生数が上がらないから、YouTubeにしてもブログにしても、あなたがターゲットに設定している人が喜んでくれる確信のあるものをアップするようにしてください。

「何をしたらお客が喜んでくれるのか分からない」っていう方は、それ即ちリサーチ不足です。
よく知らない人のことは、どうやっても喜ばせることなんかできないからね。
しっかりとお客さんと向き合って、対話して、そしたら何をしたら相手が喜ぶのかが見えてくるからね。


まとめ

勢い書き綴ってきたけど、分かりにくくなかったかな?

簡単に言うと、内容の薄い情報をいくつも出すより、しっかりエネルギーを込めた情報をひとつ作って、それをあっちこっちで広げましょう、っていうことです。
当たり前のことなのに、体系化されないと中々理解できないよね。

途中でサラッと言ったんだけど、「忙しくないといけない教」の方は、まずは「忙しくしなくてもいいんだ教」の教えも認めてみてください。
で、1回やってみる。

それで一ヶ月くらいやってみて、「やっぱり忙しい教の方がいい」って思ったら出戻りすればいいだけだからね。

それでは、メルマガメンバーの皆さんは、しっかり宿題に取り組んでくださいね。
では、また。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です