ブログを使わない場合のWeb活用について→「HP」&「YouTube」がベストです。たぶん。

img_sam_food1

ここ最近ブログの運用に関するポイントについて日々語ってきたんですが、ここで、ブログというツールを使わない情報発信の形についても考えてみましょ。
「定期的に情報を発信するのが苦手」とか、「更新するなら時間を作って一気にやる方が性に合ってる」という人は、こっちのモデルの方がフィット感があるかも。

まぁ、だからって「楽ができるモデル」だと思っちゃいけねぇ。
手間は同じか、HPというものの知識をある程度持たなきゃいけないから、新しく始める人は勉強の手間もあるからね。
誰かに自分のことを知ってもらって、お金を貰えるくらいに信用してもらう人間性、惹きつける技術っていうのは、手間と知恵を振り絞って振り絞って実践して実践して作り上げるものだからね。

実際僕も、「手を抜きたい」「楽したい」と思ってやったことは、だいたい裏目に出てます。
「作業を効率化」することと「楽をする」ということは、根本的に違うことなんですなぁ。

や、前置きが長くなりました。
本編に入ってゆきましょう。

「HP」+「YouTube」という運用モデル

デザインの関係で個性を持てないとか、情報ひとつの価値が軽く見られがちなSNS”だけ”で情報発信をしよう、っていうのは、やめときましょう。
少なくとも今大勢のユーザーを抱えているTwitterやFacebookには、そういうの無理です。
あれはあくまでコミュニケーションをする場所だからね。

じゃあどうするかっていうと、やっぱり基本に立ち返って「HP」なんですよ。
今やウェブクリエイター達に「WordPressで十分でござる」なんて言われてポジションが危ぶまれるHPですが、ブログを使わねぇとなると話しは別。

HPは僕らのお店です。
カレー屋もカフェも美容室も、コストを払ってお店を持ってるでしょ?
お店があるってことは、目で見て「ここはカレーが食える店であるな」ってことが分かるってことです。
で、「我はカレーを所望する」というお客さんが入ってくる。
でかい看板も料金表も、お店という物理的なものがあるから意味があるんです。

じゃあ店舗を持たない僕たちのお店は何かっつーと、それはやっぱりHPやブログなんですよ。
何度も言うけど、SNSは駅前でチラシ配ってるようなもんだから、それだけで十分ってことは絶対にないからね。

で、僕がオススメしてるのが「HP」+「YouTube」というモデルです。
特に難しいことはなくて、きちんとHPを運用して、YouTube動画のまとめページを設置する。
これだけです。

YouTubeギャラリーの設置

やってる人も多いんだけど、HPには過去のYouTube動画をリストしておくギャラリーページを忘れずに作っておこうね。
で、このギャラリーも、週に1回とか、定期的に更新する。
ライブの映像を撮影しておいて、美味しいところを切り出してアップするのがよろしいですね。

HPのトップには動画の再生ウインドウを設置したりして、少しでもギャラリーに人が流れてくるような入り口を設置しようね。
もちろん、動画の再生ボタンって重いから、ただ設置するだけじゃダメダメ。
例えば、ライブの演奏をアップしたなら、


・その演奏がどう素晴らしいのか
・その演奏の聴きどころはどこか
・その演奏を聴いた人はどんな反応をしたのか
・その楽曲に自分はどんな気持ちを抱いてるのか
・その楽曲とのストーリーは



ってあたりを書いときましょう。
もちろん、極力読みやすくね。

どうしても、YouTubeギャラリーに人を流したい

『初めてそのサイトに来た人を鷲掴みにするぞ』というテーマで書いてるからね。
よろしくお願いします。

で、どうしてそんなに手間かけて、そこまで文章が得意じゃない人にも文章を書きなよ、って言うのかというと、これも前々から言ってることなんだけど、人には、ある人の情報(ストーリー)を沢山持つと、その人のことを好きになるっていう性質があるからです。

例えば、テレビに出てくる芸能人のことを平気でボロカスに言っちゃう人、結構いるでしょ?
人となりを知ってる訳でもないのに、あれが嫌いとかこれが嫌とか。

だけどそんな自分と同じ場所に、身近にいるロクデナシのことを許して愛してたりもするんだよね。
それは何でかというと、自分が身近なロクデナシのことをよく知ってるからなんですよ。

まあそりゃ知れば知るほど嫌いになるような人もいるだろうけどね。
ただ、それは気にするほどの量じゃねーんです。
仮に1000人の人がいて、そのうち20人にボロカス言われても、残りの980人に最高のセールスが出来れば、なーんにも問題無い。

本来ならその「ストーリーを伝える」という役割を「ブログ」でやるんだけど、それを使わないとなると、「YouTube」でやっちゃうしかないですよ、と。
HPのトップに日記を書くくらいなら、もうブログやれ(笑)って話しになるからね。

抽象的な話しだから掴みづらいかもしれないけど、頑張って付いてきてね。
だから、あなたのことを沢山知った人ほど、あなたのことを好きになるってことなんです。

このブログも、初めましての人はまた別の要素があるんだけど、もう何度も読みに来てくれてる人は、結構僕のこと信用してくれてると思うの。
もうひとつやってるエッセイブログの方も、何度も来てくれてる人は、僕のことが大好きなんですよ。

そういうことです。
そういう、シンプルな問題なんですよ。

だからこそ、YouTube動画を沢山作って、アップしてね、それこそ演奏動画だけじゃなくて、バンドならメンバー同士のトークとか、ムービーブログみたいなのをね、作ってアップして。
それをギャラリーにしてHPに見やすく、再生したくなるようなコピーを添えて置いとく。
もちろん、YouTubeで再生リストを作って、そこに誘導してもいいよね。

SNSのタイムラインを埋め込む

HPを活用するならぜひやってみてもらいたいのが、SNSの投稿ページの埋め込みです。
このブログのサイドバーにもTwitterのTLを埋め込んでるけど、つまり、こんな感じ。

ちなみに、Twitterのライムライン埋め込みは簡単なんだけど、Facebookを埋め込むのはちょっと手間・・・というか、僕がこのブログではちょっと今再現できないというか。

この機会に暴露すると、僕はFTPを使わずにWordPressをやってるんですよ。
WordPressを導入した当初の僕の脳では、これが限界だったんですな。

だから今だにそれでやってて、だからhtmlコードに何か埋め込むとか、分からんのです。
htmlが入ったファイルが、ローカルに無いんですよ。

これも早く解決しないといけないんだけどね・・・く・・・めんどksすいません嘘です頑張ります。


閑話休題。
とにかく、Twitterのタイムラインを埋め込む方法はこちらの記事
Facebookのタイムラインを埋め込む方法は、こちらの記事を参考にしてください。

ちなみに、Facebookページの投稿を単発で埋め込むだけなら、簡単にできます。

①埋め込みたいFacebookページの投稿を開く

投稿欄の右上にある「く」を倒したような記号をクリック。
ひらくメニューバーの最下部にある外部に埋め込むをクリック。

ままま

②コードをコピーして埋め込みたいところにペースト

後は表示されるコードをコピーして、埋め込みたいところにペーストするだけです。

やりたいことで食っていく!アーティストの自立自活研究所@音活寺子屋

③実際埋め込んでみたのがこれ

出たコードをそのままコピペしてみました。
「いいね」も「シェア」もできます。
こっちの方が作業は簡単だけど、その度埋め込まなきゃいけないね。
ケースバイケースでいきましょう。

結局HPも「鮮度」が命なんだぜ

HP運用で大切な、「情報」と「情報を受けとってもらうための色々」を書いてきました。
最後にお伝えする大事なポイントは、「鮮度」。

たまーに、長い間情報が更新されてないHPを見かけるでしょ?
そしたら、「終わってるなここ」って感じません?
僕は感じるんです。

それで、もうちょっと深く調べてみた時にブログがあったりSNSがあって、それはリアルタイムで動いてたりしたら・・・どう考えたって、たくさんのお客さんを取りこぼしてるでしょ?

だから、仮にブログじゃなくてHP運用で行くにしても、定期的な更新を怠るとあっという間にファンの熱が下がります。
勝手に下がる、っていうよりは、ページを更新しない、ということが、ファンの熱意を下げる行為なんだってことを、しっかり覚えとこうね。

何度も言ってきた「YouTube動画の定期的なアップ」も、「SNSタイムラインの埋め込み」も、サイトの「鮮度」を維持するために必要なものなんです。
だからアップした動画の情報や、埋め込んだタイムラインは、ページの訪問者全員が見れるところに置いときましょうね。

まとめ

ということで、実はHP運用が大の苦手でとっとと断念した僕がHPの運用について語ってみました。
ブログ運用よりも楽かっていうと、そんなことはないと思うんだけど、そこはやっぱり人とツールの相性もあるからね。

まあでもしかし、WordPressへの理解も深めたいし、大量に広告が流れてきてるWIXっていうHP作成サービスも使ってみたいから、またそのうち色々発信します。
ということで、


HPのことは、今はまだ僕に聞くな!


という叫び声を残して、今回はこの辺で。


◇◇Information◇◇

white 2

◇実はこのブログ、記事を提供するだけで終わりではないのです。
ブログ記事を読んで、さらにそれを「自分事」として受け取ることで、記事で解説しているノウハウや思考法が本当の意味であなたのものになります。

そのためのワークを提供するのが『音活寺子屋通信』です。
詳細は、こちらをクリックしてご確認ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です