動画二本同時公開!Facebookの熱い新機能と、「お客を選ぶ」言葉の使い方!

こんにちは。
月末でバタバタしております。

以前無料プレゼントをお約束した小冊子の制作が押しに押して常に佳境でして
僕自身が常に新しいことを学んでるから、

「あれも入れなきゃ!」

「これも入れなきゃ!」

となっているうちに、こんな時期に。

殆ど寝てなくて、夕べは気が付いたらトイレットペーパーで濡れたシンクを掃除しようとしていて、キッチン周りが目も当てられぬ惨状を呈しておりました。
トイレットペーパーって、溶けるんだね、すごく。

それはさておき、今日のブログでは新しい動画を2本、シェアします。
あなたの仕事に役立ててください。

【Facebookページの動画活用】動画からあなたのHPへの誘導機能がものすごく優秀でした。

まずは最近知って使って

「これはヤバい!」

と興奮した、Facebookの動画活用の新しい手法の解説動画です。

今までFacebookにアップする動画って、だいたいYouTubeからリンクを貼って、再生ウインドウで回して・・・
そんな感じだったよね。

だけどついにFacebookが動きました。
これからはYouTube貼付けよりも、Facebookにダイレクトで動画をアップするのが主流になっていくだろうなぁ
というくらい、強烈なアップデートです。

なんと、動画の「中」に、あなたが指定したwebページへのリンクを差し込むことができます。
これを使えば、

〔演奏動画をアップ→メルマガフォームへリンク〕

とか

〔お店のウラの様子をアップ→お店のHPへリンク〕

といった感じで、アーティストもお店を経営している方もとてもパワフルに視聴者を自分のページに誘導できるようになります。
もちろん、楽しい動画をアップしないと意味ないんだけどね。
その辺はまた追々、解説してゆきます。
それでは、どうぞ。

・【Facebookページの動画活用】動画からあなたのHPへの誘導機能がものすごく優秀でした。

動画の中でも話していますが、この機能、「PCを使って」「Facebookページ」でなければ、設定ができません。
スマホアプリなんかからだと設定できないんで、気を付けてください。

あなたの集客を後押しする言葉の魔法の使い方。

僕たちは一生懸命お客さまを生み出して頑張ってる訳ですが、その時に是非「お客さまを選ぶ」という意識を持って欲しいんです。
だって人は、言葉で繋がる生き物だから。

あなたが言葉を変えると、あなたの周りに集まる人が変わります。
あなたの理想のお客さんが分かっているなら、
その人たちに響く言葉を選んで届けなきゃいけないよね。
そんな動画です。
どうぞ。

・あなたの集客を後押しする言葉の魔法の使い方。

当たり前のことしか言ってないんだけど、これが実践できてない人が殆どです。
今この動画を見て「それ、もう知ってるよ」と思った人は、実践できてないと思った方がいいですよ・・・?
「知ってる」と「やってる」は、雲泥の差でありますから・・・。

組み合わせて使うことが大切。

いかがだったでしょう?

ふたつ目の動画でお話しした内容をしっかり練って
ひとつ目の動画でお話しした末端的なテクニックの部分で実際に使う

そういうことが大切ですよね。
ひとつ目の動画は所謂テクニック的なもので、ふたつ目の動画で話していることはこの世の真理というやつです。
このテクニックはFacebookがサービスを停止すると使えなくなるけど、真理は、どこに行ってもいつの時代でも使えます。

どちらか一方ではなくて、その両方を今しっかり学んで使っていくことが大切です。

やっぱり真面目に愛情持って一生懸命やんなきゃだね。
それでは、また次回お会いしましょう。

YouTube

↑↑↑画像をクリックすると、YouTubeチャンネルにジャンプします。そういえばここはまだproject a.c.c.r.表記のままだなぁ。

Information

音活寺子屋通信、登録(無料)

日々の業務の中で、多くの方から寄せられるご質問や、「この人はこうしたら上手くいったよ」という実例、ブログにできない生々しい話しや、どうしても読んでもらいたいブログの記事や山本優作からのメッセージなどを不定期でお届けします。
メールフォームのメニューを「メルマガ購読」に合わせて、

・あなたのお名前(ステージネーム可能)
・何かメッセージ(頂けると、僕が小躍りして喜びます)

をご記入の上、ご連絡ください。


必須お名前

必須メールアドレス

このサイトを何でお知りになりましたか?

 こちらのチェックマークを入れて「送信」をクリックすると、すぐに送信されます。確認ページはございません。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です