魅力の戦国時代に、「企て」が足りていない。

色々なブログサービスがあってSNSがあって色々なことができるんだけど、それを使って何をすればいいのか、ということを分かっていないと、結局どれを使っても上手くいかないです。例えばFacebookって、未だに

「漫画の続きを読みたきゃイイネしな!」

っていう個人情報を吸い取っていきたい系のリンクが飛び回ってるじゃないですか。どうしてあんなバレバレの詐欺ボタンが生き残ってるかっていうと、それで一定の儲けが出るからです。売れなきゃ続けられないから、イイネを押す人がいなくなれば、ああいうのは自然と無くなっていくんですよ。

あれってすごく悪質だし、ユーザー側もいい加減そのくらいの危機感持てや、って思うんだけどね。まぁやっぱりそれでも、儲かるんです。真面目に音楽やって真面目に情報発信してる人は儲からないのに、悪いことしてるヤツは儲かってる。変だと思いません?

この画面にピンときたら即キャンセル!Facebookの怪しいアプリは承認しない___Social_Magician_Makoto_Sakata

魅力の戦国時代に、「企て」が足りていない。

その辺の悪質なページ関係の話しはその道のプロ、株式会社はちえんさんの記事にお任せするとして、問題は、どうして真面目にいいものを作ってる人は売れなくて、詐欺商売をしてるヤツはコンスタントに儲けを出してるのか、っていう話しです。

一言で言うと、企てが足りないんですよ。例えばYouTubeの動画なんかでも、再生ウインドウの下に投稿者コメント欄があるんですけどね。そこに曲の説明を書くのはいいんだけど、最初の3行に自分のブログやHPへのリンクを貼ってない人、多いんです。

投稿者コメント欄って、その再生ページを開いた時には頭の3行しか表示されないんですよね。

あなたの集客を後押しする言葉の魔法の使い方。_-_YouTube_と_Evernote

だからこの冒頭3行に自分のページへのリンクを貼付けておかないと、あなたのページに来るまでの手間が1クリック増えるんですよ。たかだか1クリックだけれど、それだけでかなりのチャンスを逃します。いいものを作ってるのは、残念ながら今日日当たり前。大切なのは、真面目にいいものを作りながら、そういうことを見極めてしっかりと企てをすることです。

企てるって、別に悪いことじゃない。

「企てる」っていうと何か悪いことをしてるようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが・・・企て自体は、別に悪いことじゃないですよ。詐欺商品を売ってるような連中は、ロクでもないものを売り付けるために必死で売り方を考えるんです。僕らはいいものを売るために必死で売り方を考えるんですよ。

Facebookでよくある、「このマンガの続きを読むならイイネしてね」っていう情報吸引系のスパムサイトもね、こっちの情報を吸引しなくて、きちんとリンク先にマンガが置かれていて、それが公式の許可を取ったものであったなら、別に詐欺じゃなくなるんです。僕らはそれをするんですよ。

売り方を常に考え続ける。

いいものは生み出した瞬間から、それをどうやって売っていくかをじっと考えなきゃいけない。僕は弾き語り教室でグループレッスンや個人セッションを売ってるけど、そりゃあもう必死で考えてます。何せ生活掛かってますから。

だから動画に写るときも出来るだけキレイな格好をするようにしてるし、優しく話すし、安心してもらうために毎日笑える系のブログを書いて、動画からそこにジャンプできるようにしてます。

メルマガも登録できるようにして、登録してもらったアドレスにはコンスタントに自分が持ってる知識やノウハウをシェアしています。その中にも、ちょっとした小話やネタを入れて、必死で『ためになる上に楽しいメルマガ』を書こう書こうとしています。

僕は自分の教室に自信があります。だから安売りはしてません。だけど、それだけじゃ売れないんです。だから無料の試験期間を作ってまず体験してもらったり、一見関係無いように見えるエッセイブログをせっせと更新したり、得意でもなかったパソコンのことを勉強して、最低限出来るようになりました。

自信があるから、置いときゃ売れる、なんてことは、あり得ないんですよ、絶対に。

戦国時代でございます。

みんな上手いし、みんなカッコ良い。その中でどれだけあなたが目立てるかという、魅力勝負の戦国時代なんですよ。

僕らは詐欺師にならないように、必死で自分たちの品物をいいものにしていかなきゃいけないよね。それと同じくらい、詐欺商品を売ってるようなヤツらに負けないような仕掛けを企てて、魅力でもってそれを売っていくんです。

反応の高い投稿は、一体どんな書かれ方をしてるんだろう。アクセス数の高いサイトは、一体どんなテーマの記事を扱ってるんだろう。自分が気に入ってるページって、どういうところを気に入ってるんだろう。一瞬でも気を抜くと、周りの軍勢に追い抜かれていきます。

本当はね、語り尽くせないんですよ、人の魅力なんか。長らく付き合って、何度も語り合って、その中で見出して惹き付けられる、魅力ってそういうものです。だーかーらーこそッ、先にそれをどれだけ伝えられるか、ということが勝負の分かれ目になるんですなぁ。

まとめ

あなたの投稿、あなたの動画、あなたの記事には、「企て」がありますか?

「いい動画がアップできたぞ」

「再生回数が1000回を越えたぞ」

「イイネをたくさん貰ったぞ」

それはいいんだけど、そこからあなたの品物まで飛んでいけますか?

あなたが何者か分かりますか?

あなたを身近に感じられますか?

そういうものがなければ、アクセス数や再生回数をいくら稼いでも、意味は少ないです。「よい品物」と「練られた企て」は、常にワンセットで考えましょうね。

それでは、今回はこの辺で。

最後までお付き合い、ありがとうございました。

Information

音活寺子屋通信、登録(無料)

日々の業務の中で、多くの方から寄せられるご質問や、「この人はこうしたら上手くいったよ」という実例、ブログにできない生々しい話しや、どうしても読んでもらいたいブログの記事や山本優作からのメッセージなどを不定期でお届けします。
メールフォームのメニューを「メルマガ購読」に合わせて、

・あなたのお名前(ステージネーム可能)
・何かメッセージ(頂けると、僕が小躍りして喜びます)

をご記入の上、ご連絡ください。


必須お名前

必須メールアドレス

このサイトを何でお知りになりましたか?

 こちらのチェックマークを入れて「送信」をクリックすると、すぐに送信されます。確認ページはございません。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です