制作中の小冊子チョイ出し第二弾。「どんなメルマガを書けばいいのか?」ということについて。

ブログの更新に空きができちゃってすいません。ミュージシャンのためのビジネスノウハウを詰め込んだ小冊子『音活寺子屋〜虎の巻〜』、佳境です。

書きたいことは決まっていて、山ほどあって、いかにそれを短く分かりやすくするか、という日々です。頭がいっぱい、という感じですが、ガス抜きしつつ、頑張っております。予約くれてる方には、お待たせして申し訳ないです。もうちょっとだけお待ちください。

ということで今回はまた、その『音活寺子屋〜虎の巻〜』の中から、美味しい部分をかいつまんでシェアします。無料プレゼント枠はなくなりましたが、有料販売は続けますから、ぜひ楽しみにしていてください。

ということで今回シェアするのは、「メルマガには一体どんなことを書けばいいのか」という話し。

ブログも書いた。
SNSも書いた。
その上メルマガになんか、もう書くこと残ってねぇよ!

という方のために、解決策をふたつ、用意しました。
ぜひ、参考にしてみてください。

では、どうぞ。

写真 2014-10-21 23 54 15

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どんなメルマガを投げればいいのか。

これもまた答えの無いテーマです。

文章の書き方が上手い人ならどんなことでも楽しく読めるものにしてしますし、文章が苦手だと何を書いても途中で飽きられてしまう気がします。

上手に文章が書ける人、文章を書くことが好きな人は、どんどん書いちゃってください。

だけど文章力に今ひとつ自信のない人には、ふたつの方法をオススメします。

ひとつ目は、『手紙』を書く、ということ。

面白いもので、100人の人にメッセージを投げなきゃいけないと思うと何を書いていいのか分からなくなるのに、自分が好きな人に手紙を書こうと思うとスラスラと筆が進むんですよね。

実は僕はこの手法を取っていて、毎回その時にイメージした人たった一人に向かって手紙を書くように、メルマガを作っていきます。

実はこの小冊子も、そうやって作っています。

ちなみに今は、僕の愉快な仲間でありクライアントでもある『柴田ヒロキ』という人に向けて書いています。

難しい言葉が苦手な人なので、何度も分かりやすい言葉に書き直していますw

これはマーケティングの世界では常識なんですけど、ターゲットは、絞れば絞るほど販売効果が高まる、そういうものなんです。

それも”たった一人”のレベルまで絞れると、かなり書きやすくなるし、読みやすくなります。

たった一人のために他の大勢を取りこぼすかもしれないと感じて怖くなるかもしれませんが、大勢をすくおうとしてたった一人もすくえなかったこと、ありませんか?

それなら、たった一人をすくえた方が、いいですよね。

それに本当にそこまでターゲットを絞って何かを届けることができたら、絶対に一人にしか響かない、ということはありません。

よし、手紙をたった一人に向けて書くんだな、分かったよ。

じゃあ、何を書けばいいんだ?

そういう時は、次のフォーマットで手紙を書いてみてください。

①今日こんなことがあって

②そのことからこんなことを感じて

③だから僕は/私はこういうふうに思うんだ

④最後まで読んでくれてありがとう

これも、僕がよく使うフォーマットです。

つまり、今日どんなことがあったかということに、敏感に生きてなきゃいけないってこと。

一度試してみてください。

もうひとつの手法は、ブログの記事を丸々コピペする、という方法です。

これ、ブログを一生懸命書いてることが条件なんですけど、かなりいい方法です。

まずブログの記事とメルマガの記事が被ると読む方が飽きちゃうんじゃないかという不安が出ると思いますが・・・

別に、いいじゃん?

だって、ファンはメルマガかブログのどっちかを読めばいいんです。

これって凄く分かりやすいですよね。

片っぽは頑張ったけどもう片っぽは時間がなくてテキトーな記事になっちゃった、なんてことも起こらないし、大変な時短になりますし。

あとそもそも、ブログ自体そこまで読まれてないですから。

いや、毎日でも読みたいブログを書くことは大事なんですよ?

だけどブログってどうしても待機型の情報発信ツールだから、そのページまで来て貰わないと読んでもらえないんですよ。

その点メルマガだと、相手の懐にダイレクトに記事を届けることが出来る訳です。

あなたのファンはあなたのことを知れば知るほど、あなたのことを好きになります。

ストーリーが溜まっていくからね。

だから、一生懸命書いたブログをメルマガに乗せる。

これは、全然アリな手法です。

ただ何度も言うけど、ブログを一生懸命やるっていうことが必須条件ですよ。

毎日つまんない記事が届くメルマガは、嫌われちゃうからね。

毎日ブログに1時間、メルマガに1時間時間を使ってたのなら、1時間半掛けて濃厚な記事を書いて、ブログとメルマガで使う。

そういう感じに受け止めてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

有料販売に関しては、ページの準備が整い次第、ご連絡させて頂きますね。

それでは、今回はこの辺で。

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうね。

Information

メールマガジン《音活寺子屋通信》

音活寺子屋では、ブログよりももっとたくさんの情報、生々しい情報が欲しい方のために、メールマガジン《音活寺子屋通信》を発行しています。

音活寺子屋通信では、今まで僕が依頼された仕事や有料セミナーの内容、個人セッションで聞かれた質問に対する回答、ブログには書けない尖った質問に対する僕の回答などをお届けしてゆきます。

もちろん、メルマガ内でもご質問を受け付けています。

ということで、メールマガジン《音活寺子屋通信》を購読ご希望の方は、

accr.magazine@gmail.com

まで、

【タイトル】
・メルマガ購読希望

【本文】
・お名前(ステージネーム可)
・メルマガを受信されるメールアドレス

をご記入の上、送信ください。

ご質問をされる方は、

【タイトル】
・質問

【本文】
・お名前(ステージネーム可)
・ご質問内容を可能な限り具体的に

の形でお願いします。

またメルマガ購読者の限定特典として、セミナーや個人セッションの割引き等もご用意しています。そっちも楽しみにしておいてね!

※現在音活寺子屋は多忙を極めておりまして、まとまった時間を作ることが難しくなっています。発行ペースは不定期とさせて頂きます。頂いたご質問に全てお答えできない場合がありますので、予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です