自分のヤル気をうまくコントロール出来ない人に捧げる怪しい話し。

自分の中からエネルギーを生み出すには、とにかく既に一流として活動している人、自分よりもずっと格上の人たちと付き合うことが大切です。僕にも何人も師匠がいて、発信してくれる情報や、ちょっとした一言からエネルギーをもらっています。

そこでもらったエネルギーが自分一人になった時に消えちゃうようじゃ、ダメですよね。もっと簡単に言うと、一人だとモチベーションが下がっちゃう、ヤル気が出ない、すぐに落ち込んじゃう・・・これだと、せっかく師匠が出来ても、頂いた知恵やエネルギーを燃やし切ることなんかできないもの。

だから、僕らは知らなきゃいけない。自分の機嫌は、自分でとるっていうこと。・・・今日の記事は思いっきりスピ系の話しで、めちゃめちゃ怪しいです。しかもかなり難しい話しだから、こういう話しが好きな人だけ読み進めてくださいね。

045

自分のヤル気をうまくコントロール出来ない人に捧げる怪しい話し。

言いたいことはシンプルで短いんです。

例えば、部屋の掃除。隅っこに溜まってる埃が気になって、「あー掃除やんなきゃなぁ」って思った時にすぐ動いてピカピカにすると、めっちゃ気持ちよくないですか?

キレイな部屋からはキレイな波動が出るとか、そういうこともあるんですけどね。それとは別に、あなたがあなたを褒めてる、っていう部分も大きいんです。

バイト先や学校で、後輩に何かひとつアドバイスをして、それをすぐに実践してたら、「素晴らしいじゃないか!」って感じるでしょう?人はそれを、自分に対しても感じてるっていうことです。

だから逆に、部屋の隅の埃に気付いてるのに掃除をしないでいると、すっとモヤモヤしたものが残ったりして、ダルい気持ちがよりダルくなっちゃったりします。普段から埃まみれの部屋で生きてると、この感覚が鈍っちゃうから危険でね。一度部屋をキレイにすると、自分がどれだけ埃からストレスを受け取ってたかが分かるんだけど。

それってさっきの例で言うと、あなたがアドバイスをした後輩がそれを実行せずに、ずっと同じ失敗を繰り返してるところを、「アイツはダメだなぁ」とガッカリしながら見てるのと同じなんです。自分にガッカリしちゃってるんです。だから、こいつを大事にしてやろうって思えなくなっちゃう。だから、自分のためにエネルギーを使うのがバカバカしくなっちゃう。

急いで人の期待になんか応えなくていいんですよ。まずは、自分の期待に応えるんです。順番を間違っちゃいけないんです。どんなにあなたのことが好きな人でも、四六時中あなたと一緒に居る訳じゃないんです。あなたと四六時中一緒にいるのは、あなただけなんですよ。

さっきの画像を、もっかい見てみましょう。

045

これ、良い心と悪い心がある、という意味じゃないんです。あなたの中には、あなたが二人いるんだよ、という意味なんです。

片っぽを自我、もう一方を真我って言います。僕たちが「自分だ」って思ってるのは、だいたい自我の方です。だから何かあった時に、それをどうするか、っていうことを決めてるのは、自我の方。

でも、真我のあなたはそれをじーーーっと見てるんですよ。で、自我のあなたが掃除をサボっちゃったりすると、それもじーっと見られてるんです。なにせどっちも自分だから、隠し事なんかできゃしません。

そうすると、そこで自我と真我が捻れて流れが止まっちゃうんですよ。何の流れって、エネルギーの流れです。

ヤル気とか、モチベーションとか、とにかく自分の中から沸き起こってくるエネルギーっていうのは、この真我から出てくるものなんです。真我は何でも知っていて、自分が好きなことをやってると楽しくて楽しくて時間が経つのを忘れたり、信じられないようなアイデアを出してくれたりします。

ところが、自我が真我のことを無視して全然的外れなことをやり始めると、自我と真我がギュッと捻れます。自我が、真我からのエネルギーを受け取れなくなるんです。

ただ真我先輩優しいから、教えてくれるんですよね。辛い、しんどい、ヤル気が出ないっていうのは、真我先輩からの「そうじゃないよー」っていうアドバイスなんです。

だからそれを感じたら、

「こうですか?」

「それとも、こうですか?」

っていう感じで、自分が喜びそうなことをやってあげると、超喜んで、じゃんじゃんエネルギーを流してくれるんですよ。だから自我と真我をしっかり繋いで、真我先輩からエネルギーをじゃんじゃん貰って、そうやって自分のやってることに燃やすんです。

・・・とまぁ、宣告通りめちゃめちゃ怪しい話しになりました。要はね、

『自分が喜ぶことをしっかり選んでやってあげようよ』

っていうことなんです。そしたらヤル気も出るんです。師匠から教わった色んなアレコレを実行するエネルギーも出てくるんです。

あなたが本当に喜ぶこと、それをしたらヤル気もエネルギーも満ち溢れてきて、走り出さずにはいられなくなるようなことは、何だろう?見つけて、どんどん自分い注いであげてください。人生が変わりますから、本当に。

それではそれでは、今回はこの辺で。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です