ステージ上の緊張とどうつきあう?

ステージの見せ方を考えてやまない
長老と若者の往復書簡 その13

syokann

往路 長老 いしはらとしひろ から 前途有望な若者 山本優作へ

緊張。
がっちがっち。

普段人前に立っていない人が、たとえばお偉いさんも出てくる、
人もた~くさんいる重要な会議でプレゼンテーションをする。
そんな経験初めて。
まぁ、あがるじゃろうなぁ。体がちがち。脳みそ真っ白。
これが普通だと思う。

緊張。という文字が語っておるよ。
文字通り、堅く張っておるのじゃ。体も心も。
柔らかさがない。
堅くていいのはアレの時のあれだけ……(大自粛)。

失礼!
妄想が暴走じゃ。じじいの妄想じゃ。

緊張していない時は、心も体も適度な柔らかさを保っている。
しかし、普段やっていないことを、しかも重要度が高いことをやろうとすると、
その柔らかさを保つことが難しくなる。

緊張じゃ。

でも、音楽屋のように、人前で何かをやる人は、緊張するくらいでちょうどいいのかもしれない。
それだけ大事なことをやろうとしているのだから。
初めてのことにチャレンジしようとしたり、自分の枠を広げようとするのは、表現者としては必須。
つまり緊張の要因は、人前での表現活動を続ける限り、あちらこちらに転がっておるわけじゃ。
常にチャレンジャーなあなたには、緊張もつきものなのかもしれぬ。

人はどんな大変なことにも慣れる。
場数を踏めば、緊張ゼロ、ということはないにしても その緊張度数は下がっていく。
映像の中で言っておったように、たとえば緊張しそうなライブの前に、友人に頼んで客となってもらう、
模擬ライブだとか、飛び入りOKのオープンマイクイベントとかで、「慣れておく」のも大事だろう。

じゃが、思うのじゃ。
「平常心でハイレベル」なところまで行ってしまえば、緊張で多少それが阻害されても、「そこそこハイレベル」なところまで行ける。
練習時常に100点のところまで自分を高めておけば、緊張でそれが損なわれたとしても 85点くらいキープできるのでは、とも思うのだ。
まあ、ものすごい境地だとは思うが。
しかし、表現を生業とするもの、そのレベルまで達してみたいものじゃな。

多分すごいレベルまで行くと、練習も本番も境目がなくて、生きることとステージで何かを表現することもイコールで。
そのまんまと演じているところの境目もあいまいで。

そういう人は緊張と無縁じゃろうな。
行ってみたいよ、そんな境地へ。

のう、ヤマモト。
緊張はいろいろなことを教えてくれる先生かもしれんぞ。

今日も爽やかなイケメン 山本優作 から 長老 いしはらとしひろ へ

突然の下品な発言、SNS上でしたら運営に報告しているところでした。
なお盛行とは、羨ましい限りです。
ちなみに、堅けりゃいいっていうもんじゃないそうですよ。
ナニが、ということはないけども。

緊張・・・動画の中でも言ってますが、僕は大変な緊張しいでして。
毎回途中で抜けちゃってリラックスできるんですけど、それでもやっぱり一曲目の前奏って一本のライブの中で一番大事なところですからねぇ。

緊張が少なくなっていく過程で『慣れ』っていうのはとても大きな要員ですけど、個人的には『覚悟』も大切だと思っていて。
これ、結構厳しい話しだから、動画の中じゃお互い触れなかったですけどね。
お客さんは時間と手間とお金を掛けて会場まで来てくれてるのに、そこで震えてるミュージシャンを見たってしょうがないんですよね。

コンビニのバイトの子がレジの使い方が分かんなくてあたふたしてると、まぁ見守っちゃろうって気持ちになります。
駆け出しの仕事人とお客さんっていうのは、実はいつでも持ちつ持たれつだから、それはそれでいいんですよね。
でもやっぱり仕事を提供している側は、早く一人前になってお客さんと楽しくいい仕事ができるようにならなきゃいけない。
そうしないと、お店が潰れちゃいます。
お客さんは優しいけど、いつまでも甘えさせてくれません。

そういう社会の中で、ミュージシャンはどうか。
これ、そういう意識でやりたくない人はそうしなくてもいいんだけど、

「何が何でも楽しませてやろう!」

っていう『覚悟』なんですよね。
ギターが上手く弾けるようになるのも、レジが早く打てるようになるのも、大きな意味じゃ同じこと。
ギター上手くなって、レジが早く打てるようになって、どうするのか。
そこに『覚悟』の差が出ますよね。

しっかりリハをして、オープンマイクや友達の前なんかで人目に触れておいて、「出来ないかもしれない」っていう不安を払っておいて・・・
”自分が緊張すると知っているからそういうことをしておく”のが『覚悟』ですよね。

甘えるスタンスでいるから、嫌われることが怖くなって緊張する・・・
『覚悟』を決めることで、少なくともこういうパターンの緊張はかなり解消できるようになります。
自分が楽しいことを提供する側の人間なんだって『覚悟』を決める。
それが一番手っ取り早い緊張解消法かもしれません。

すててこトップへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です