大勢の人が出来てない当たり前のこと。物事の順序を見抜く。

ミュージシャン業に専念するために、project a.c.c.r.の活動を縮小しています。このブログも結構開けちゃいましたが、時間を見つけて更新し続けるので、これからもよろしくお願いしますね。

写真 2014-05-23 14 51 32

ツアー用のギターも買った。

物事の順序を見抜け。

project a.c.c.r.のこれからの話しともリンクするんですけど、物事には順序というものがあります。例えば僕の場合、アーティストという顔と、project a.c.c.r.という企画の代表という顔があります。

これはどちらで先に成功した方がいいかというと、僕はアーティストの方だと判断しました。当たり前っちゃ当たり前なんですけどね、そうするとproject a.c.c.r.という企画を今まで一生懸命育ててきていた訳ですから、それを一度手放すことになります。

これが怖かった。

今の段階でもこのブログを見て勉強してくれている方が大勢いらっしゃるし、project a.c.c.r.のYouTubeチャンネルは未だに毎日何人もチャンネル登録をしてくれていて、ファンの方が増えています。

そんな方が大勢いるのに、これまで毎日頑張って更新してきたブログの更新を止めたり、YouTubeへセミナー動画のアップを止めたりすることは、期待に対する裏切りではないか・・・という怖れがあったんです。

だけど、そうじゃなかったんですよ。

このまま中途半端(と感じるようになってしまった)な情報を惰性で吐き出し続けることの方が、よっぽどの裏切りであったんです。僕が本当にproject a.c.c.r.のファンの方の期待に応えるには、圧倒的に実用的で圧倒的に結果を出せるビジネスモデルや商いの思考を磨き上げて、それをシェアすることだったんです。

本当に当たり前のこと。でも、その当たり前を見失うのが、人の執着という感情です。

僕はファンの期待に応えられないことが怖かったんじゃなくて、今現在の期待に答えを出さないことで、ガッカリされたり、嫌われたりすることが怖かったんだと悟りました。

今僕に出来ることは、今project a.c.c.r.の活動に期待を寄せてくれている方のために全力で自分の実績を作ることです。そのプロセスを記憶して分析して可能な限りシンプルな答えに集約することです。

このブログを読んでくれているあなたのやりたいことは、何ですか?

それを達成するためには、どんな順番で物事が進むのが理想ですか?

200人キャパのライブハウスをコンスタントに満員にするには、声を掛けられる1000人のファンが必要かもしれない。

同じお客さんに何度も何度も足を運んでもらう工夫が必要かもしれない。

色々な仮説を立てて、それを達成するために”今”やるべきことは何かを考えて、実行に移すことが必要です。

そこであなたがあなたの魅力を全開にしていられる方法は何か、手法は何か、ということを、全力で考えて、時には勉強をして、もちろん失敗もして、学びながら押し進めてゆかなければなりません。

物事には順序があります。

あなたが想像しただけでワクワクしてくる、理想のストーリーはどんなものでしょう?

それを為してゆくために、どんな順序が必要でしょう?

少しで構いませんから、一度本気で考えてみてください。

それでは、また。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です