得意なことや好きなことから、自分らしい営業手法を決めればいい。

webを使ったアーティストの営業手法、マーケティング手法というと、ブログが良いと言う人もいれば、YouTubeが良いという人もいれば、メルマガが大事という人もいます。ちょっとビジネスのことをかじるとロングランディングページがどうのこうのとか、ターゲット層の設定がどうとか、そういう話になってきます。

「ほんまかいな」

だって、文章を書くことが苦しくてしょうがない、でもお喋りなら楽しいからずっとしていられる、そういう人がわざわざ苦しみながら大した内容でもないブログを続けていく必要は無いですよね。それは、その人らしい営業手法とは言えないんじゃないか、って話です。

写真 2014-03-19 10 13 55

営業にも「自分の土俵」がある。

さっきの話の続きです。

・お喋りが好き
・文章が苦手

そういう方が苦しみの中でブログを更新し続ける必要は、特にないんじゃないかと思います。もう少し詳しく言うと、わざわざ文章がメインになるようなブログを書く必要は無い、ということです。

柔軟な発想が出来るかどうかが勝負。ファイッ

ブログを写真や動画の展示場所として使ってみる。

僕は文章を書くことがとても好きなので、僕のブログは文章がメインのコンテンツになります。でも、イラストを描くことが得意な方はその日のイラスト+一言といった更新の仕方をしてもいいんです。むしろ、イラストが一番得意なんであれば、そうするべきです。半端な文章を苦しみながら生み出すよりも、イラストが雄弁に語ってくれます。

また、おしゃべりが得意な方も同じです。一枚の固定画像をバックに録音したトークを合成してYouTubeに動画としてアップ。それをやはりシンプルに一言添えてブログに貼付ける。これでいいんです。

大切なことは、あなたが最も得意で力を発揮できることをきちんと一番前に置いておくことです。同じツールでもちょっと違う使い方をするだけで、それが可能です。ブログだからといって文章をメインにしなきゃいけないことはない。YouTubeだからといって画が動いていなきゃいけないことはない。そういうことなんです。

最低限必要なものは・・・

webを営業やマーケティング的に使っていく上で最低限必要なのは

・あなたの情報が全て掴める基地ページ(HP/ブログ)
・あなたがファンと交流できるページ(SNS)
・あなたが情報を能動的に発信できるDMツール(メルマガ/LINE)

の3つです。

例えばブログを基地ページにするのなら、訪れたファンがメニューバーからYouTubeのチャンネルやFacebookページに飛べるようにします。あなたのプロフィールや、活動情報への誘導も必須です。

そこ、ちょいフラットやで。

ファンと交流できるページ、つまりSNSも、あくまであなたらしいスタイルのツールを選びましょう。個人的なお勧めはFacebookですが、それも僕だからお勧めする、というだけです。Twitterの方が肌に合う、インスタグラムの方がしっくりくる、ということであれば、それでおkです。

DMツールは柔軟な目線と十分な準備を。

例えばブログにライブ情報をアップしただけでは、それをTwitterやFacebookページのタイムラインに流しただけでは、広告を打ったとはとても言えません。相手の懐に直接情報を届けるDM(ダイレクトメッセージ)ツールは確実にキープしておかないといけません。

今はLINEやFacebookの広がりで、メールというツールの絶対性が揺らいでいる過渡期です。まだメールしかしていない人もいれば、完全にLINEに移行してメールアドレスを全く使っていない人もいます。

だから情報を発信する側も、柔軟にいくつかのツールを用意しておく必要があります。

メールマガジンは、必要でしょう。SNSのDM機能の重要性も高まってきますし、LINEのようなインフラとして定着したコミュニケーションツールは、project a.c.c.r.としても今後研究課題であると考えています。

メルマガだけでも不十分。SNSだけでも不十分。ファンの方に情報を届けるために、あなたにどれだけの準備が出来ているかが、大切です。

まとめ。

自分の都合に合わせる部分と、人の都合に合わせる部分を履き違えると、堂々巡りに陥ります。個人的には

・発信するコンテンツ→自分都合
・発信する方法→人の都合

という風な切り分けをお勧めします。色々な形の情報を発信できる時代ですから、誰かがこうしているから、ではなく、自分はこれが得意だから、という土俵で戦おう、ということなんです。

もちろん、どう魅せたいのか、どう受け取ってもらいたいのか、という自己基準を高めていくことは、絶対に忘れちゃいけないですよね。

頑張りましょうね。

それでは、今回も最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です