フリーランスに生きるアーティストに必要な5つの視点。


accrtop700x325

5つのサムシング

これからの時代をフリーランスなアーティストとして生きようと思ったら、最低限必要なものがあります。それは

■質の高いコンテンツ
■マーケティング知識

ビジネスデザイン能力
■SNS/ブログ
■仲間、コミュニティ

の5つです。

ひとつずつ、解説してゆきます。

■質の高いコンテンツ

良い歌。良い曲。良い音。良い声。良いリズム。良いビート。良いアレンジ。

まず、あなた自身が最高だと思う作品やパフォーマンスをきちんと作ることです。そのために、あなたの中の「最高」の質を上げる必要があります。本を読んだり、沢山音楽を聴いたり、一流のプロフェッショナルのコンサートを見たりして、あなたの中の基準を上げましょう。

人は、自分の中の基準を超えるものをアウトプットできません。

■マーケティング知識

マーケティングというのは、価値を伝える行為のことです。あなたの生み出した質の高いコンテンツには価値がるんだよ、と、人に伝えてあげることです。

これを収めるのは超簡単。今すぐ本屋さんのビジネス本コーナーに言って、一番易しそうなマーケティングの本を買って読んで下さい。今はマンガになっているものもあるので、敷居はめちゃめちゃ低いです。慣れてきたら活字の本を買ってみたり、違う視点や業種の観点から書かれた本を読んでみます。もちろん、自分ならこう活かす、というイメージを膨らませながら。

特にコピーライティングは、しっかりとトレーニングをするようにしてください。普段のブログの書き方や、記事や動画のタイトル、SNSの更新が、グッとレベルアップします。

「そんなことをしている時間があったら・・・」

と思う方は、今まで自分が落ち込んだり、このままでいいのかと思い悩むことに使った時間のことを思い出して下さい。今までと同じ生き方をしていると、その時間はまた必ずやってきます。その時間を、自分を磨くために使うんです。自分を否定したり不安に振り回されていた時間と少しのお金を、これからは投資に使うんです。痛くも痒くもありません。

■ビジネスデザイン能力

例えば音楽で食べていこうと思ったら、同じ場所で毎日1000円の入場料でライブをすることは、いいことでしょうか悪いことでしょうか?

僕は、あまり良いことだとは思いません。場所は、人に紐付いています。どれだけあなたのことが好きな人も、あなたのライブを毎晩見ようとは思いません。

しかもチケットが1000円では、万が一集客が3〜4人だったりしたら、あなた自身が生活していけません。それなら、2ヶ月に1回チケット3000円のライブをする方がファンの負担もあなたの負担も下がるし、場所代も1回で済むから、コストが掛かりません。

自分が仕事にしていきたいことを見つけたら、それをどんな仕組みで運営するか、ということを考えます。本などでも勉強ができますが、個人的には今既にプロとして活動している方がどんなビジネスモデルで動いているのかを見たり聞いたりする方が、納得の深度が深くなります。

■SNS/ブログ

ソーシャルメディアはあなたの情報発信の要です。当ブログでも色々な組み合わせ例や具体例を紹介してきましたが、音楽やダンスのような動的表現をしている人なら、最低でも

ブログ(HP)+YouTube+[Twitter orFacebook]

は抑えておきましょう。絵や書き物のような静的コンテンツを扱う方は

ブログ(HP)+Twitter+Facebook

でおkです。使い方やノウハウは、当ブログを参考にして頂ければ大丈夫です。

■仲間/コミュニティ

さっきの場所は人に紐付いている、という話に繋がります。仮にひとつの地域でのライブを2ヶ月に1回とすると、それ意外の期間はアウェーでライブをしている、ということになります。その時に、アウェーに仲間が居てくれて、その仲間のコミュニティに受け入れて貰えれば、アウェーのライブでもしっかりと仕事を作り上げることが出来ます。

刺激を与え合うだけじゃない、お互いのパフォーマンスを認め合った仲間とお互いのコミュニティを提供し合いながら仕事を作り上げてゆくことは、これからの時代に無くてはならないことです。

ということで

もんの凄く搔い摘んだ内容になりましたが、なんとなくイメージは出来たでしょうか?

引き続き発信し続けないといけないもの、これから新しく作り上げていかなければならないもの、色々です。だから、早くスタートを切った方がいい。

それは今の仕事やアルバイトを辞めてでも、という意味ではなく、自分で「ここだ!」と感じる瞬間のために、日々しっかりと準備をしておきましょう、という意味です。

お互い、頑張りましょうね。

では、今回はこの辺で。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です