基本的にみんな情報発信不足②~自分が言いたいことより先に、人が聞きたいことを発信しよう。~

今日はブログを書いてa.c.c.r.TVにアップする動画の編集をしたら不動産屋に行ってきます。今住んでる部屋の退去手続き。入居の時に敷金が掛からなかったんだけど、はてさていくら取られることになるか・・・

あんまりモノを持っていないつもりだったんだけど、整理し始めるとすごい量の物質を抱えていたんだなぁという昨今。パソコンとギターとケータイがあれば生きていけるくらい、自分の価値を育てないとね。

tanshinpack-s-l-img-07

これくらいの量には抑えたい。画像から察するに、冷蔵庫と洗濯機を持って帰らなければ布団は突っ込めるだろうか。余っている古いギターもなんとかしないと。

◎自分が言いたいことより先に、人が聞きたいことを発信しよう。

まず現実を受け止めることから始めましょう。あなたのことを知らない人は、あなたの情緒的な情報を知りたいとは思っていません。情緒的な情報っていうのは、例えば今夜の晩ご飯が何だったとか、今日どんなことがあったっていう事実とか、ムカついたとか嬉しかったとか悲しかったとか俺様カッコイイとか構ってよとか、そういう投稿のことです。自分に当てはめると分かりやすいですよ。自分の全く知らない人が今日どんなことがあって超ムカついてることなんか、どうでもいいでしょ?そもそもそんな記事を読んでどんな得があるのかという。

そうすると「どんな記事を書いたらええねん」という問題が勃発するんですが、答えは簡単。実用的な記事を書けば良いんですね。実用的っていうのは、あなたのことを知らない人が読んでも得をする、ということ。つまり、ためになる、勉強できる、生活の中で役に立つ、泣ける、感動する、大笑いできる、という感じ。で、この得のある記事やツイートをさらに何種類かに分けて、バランスを取りながら発信し続けることが超重要。っていうか、それが全て。

そんでもって、TwitterにしてもFacebookにしてもブログにしても動画にしても、情報というのは二つの要素で出来ている、ということをまず覚えておきましょう。それは《内容》《伝え方。あなたが発信した記事や動画が受けるかどうかは、この二つの要素がどう絡み合っているかで決まります。つまり

①《内容》が素晴らしい
②《伝え方》が素晴らしい
③《内容》も《伝え方》も素晴らしい

ということ。《内容》も《伝え方》も両方ダメなんて記事は、お話しにならないっすな。

ところが、ですね。世の中には《内容》が素晴らしいのにあまり受けていない情報というのがワンサカドンチャカございます。これがアーティスト達の悩みの種。テレビやラジオでは大したことのない曲が流れてるのに、どう考えても良い自分の曲が売れない広がらない、ということ。はい、もう分かりますよね。原因は100%《伝え方》にあります。

■《内容×伝え方》の公式を分解してみる

内容が良くても伝え方が悪いと受けない。でも、内容が薄くても伝え方が上手いと受けることがある。これは、学者先生の講演と、芸人の漫才のようなものです。どう考えたって知っておいた方がいいのは学者先生の持っている家庭の医学的な知識や経済と政策の読み方のようなノウハウだったりするはずなのに、聞いていて楽しいのは圧倒的に漫才じゃないですか。これはつまり、人に情報が伝わる時は、《内容》よりも《伝え方》の方が、先に相手に触れて、そこで受け取るかどうかの判断を下されている、ということです。

情報伝達の順番。

伝わる順番

①どのように伝えられようとしているのかが先に伝わって、その伝え方を受け止めるかどうかジャッジされる
②ちょっと聞いてみよう、と判断された後で、内容が伝わる

こんな感じですね。でも、学者先生の話しだって、しっかりとまとまってるし筋だって通ってるはず。そう考えればライブの告知情報だって、情報としては整理整頓されて受け止めやすい《伝え方》じゃないか。どうしてここで差が出るんだろう。

■伝達はパフォーマンスだ。

《伝え方》が人のジャッジを掻い潜るには、もう方法はひとつしかありません。それはワクワクさせること。ブログの冒頭一文を読んで、動画の冒頭3秒を見て、ワクワクできるか出来ないかで、その記事や動画が最後まで受け取ってもらえるかどうかが決まります。読み進めてゆく上でも、高いパフォーマンス性を持った《伝え方》、つまり文章の書き方や言葉の言い回しや映像の魅せ方が高いと、それだけでその情報は実用的なものにレベルアップします。良い漫才は題材が軽くてもやり取りが面白いから、お金を払うに値する作品になり得ている訳です。

読んでいて楽しい文章、見ていて楽しい映像は、その楽しさ自体が作品になるということ。濃い内容を発信しているはずなのに人に受け止めて貰えていないと感じている方は、まずはこれをしっかり抑えておきましょう。

■《伝え方》はよそからパクろう。

ここまで読み進めてくると、《内容》は二の次なのか、という気がしてきますが、全くそんなことはありません。確かに今夜の晩御飯が何だったかなんていう記事でも、写真のチョイスや表現方法が楽しければ一つの記事作品として成立します。でも例えば、文章の上手いミュージシャンが上げた演奏動画があまりにヘッポコだと、むしろ悪目立ちしちゃうでしょう?アーティストである、というのなら、本懐の職業人としての《内容》が薄いというのは致命的です。自覚があるなら、磨くっきゃない。

でも《内容》も大事《伝え方》も大事なんて言われたら、アタイ、どうしていいのかわかんない!」という方も出てくるハズです。そりゃごもっとも。そこで僕からの提案。人の《伝え方》をパクりまくりましょう。っていうか、今既に《伝え方》が上手い人は、色んな人の《伝え方》をパクりにパクりまくってきています。

僕はこのSNS活用ブログとエッセイブログの二つのブログを運営していますが、このブログではITコンサルタントの方やマーケティングコンサルタントの方のブログの文章の書き方を、エッセイブログの方では土屋賢二さんや原田宗典さんといったエッセイストの方の文章の書き方をパクっています。僕自身は全然文章の達人なんかじゃないけど、そのお陰で色々な方にブログを読んで頂いて、繋がってこれました。好きな作家やブロガーを見つけて、《伝え方》をパクる。好きなんだから、苦にならない。そのお陰で余った余力を《内容》を磨くことに使えます。やったぜ。

■それぞれのツールに向いたパクりを。

とはいえ、TwitterとFacebookとブログはそこに似合う文章のスタイルやリズムが全然違います。っていうかTwitteなんか140文字しか打てないし、Youtubeなんかそもそも文字じゃないじゃないかいい加減にしろ!ということなので、それぞれのツールと相性の良い文章の書き方というのを抑えておきましょう。僕の場合は

ブログ→好きなエッセイストやブロガーの記事の書き方をパクる

Twitter→良くRTされているツイートや、自分が引きこまれたツイートの構成をパクる

Facebook→投稿文の長さによってエッセイの要素とツイートの要素を使い分ける

Youtube→講義やセミナーの動画をアップしている方の話し方や身振りをパクる

という風に切り分けています。アウトプットするつもりでインプットすること。んで、実際にアウトプットすること。超大事。

■やっぱり希望は”好き”にある。

ということで、

何かを人に伝えたい時には、その《内容》が受け止めて貰えるような《伝え方》をすることが大切なんだよ。で、その伝え方は人のやり方をパクっちゃえばいいんだよ。

という記事でした。ここでポイントなのは、やっぱり好きなモノからパクるということ。パクるというのは、学ぶということです。文中にも書いたけど、好きなものは苦になりません。むしろ好きなものと出会えば出会うほど、あなたのレベルがあがってゆくということになります。スゴイ幸せ。

きょう日、ネットの普及のお陰で情報は文章の状態で発信されますから、楽しい文章が書けるというのは、実は凄まじく強いステータスです。是非あなたの好きなモノ、集めて、飲み込んで、吐き出してみて下さい。

では、今回も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

■project a.c.c.r.のその他のページ

a.c.c.r.TV

→a.c.c.r.が運営するYouTubeチャンネル。
SNSも活用や、もう少し大きな括りでの表現活動の組み立て方のヒントなどを、5分前後の動画でシェアしています。
チャンネル登録よろしくね!

アクロマガジン

→「提案」「相談」「質問」といった形で、みなさんの毎日のブログ更新のきっかけとなるような情報を発信しているメールマガジンです。
購読される方が増えてきたら、購読されている方同士のブログやSNSを繋ぎ、交流の輪を広げたりするようにしてゆきます。
登録を希望される方は

accr.magazine@gmail.com

に、お名前(ニックネーム可)を記入の上空メールを送って下さい。

アーティストのための自立自活研究所

→僕が管理しているFacebookページのひとつ。 ビジネス書やビジネスブログ等で勉強した内容を、アーティストに向けた言葉で更新しています。

■山本優作個人としてのページ

Facebook

→日々の色々をゲヘゲヘ笑いながらアップしています。 他のユーザ―さんたちとのやり取りが最も活発なSNSです。

WordPressBlog

→不定期更新のユーモアエッセイ風ブログです。 土屋賢二さんやさくらももこさんのような、”笑えるブログ”を目指して更新しています。ブログタイトルは「そこちょいフラットやで」

Twitter

→SNSのちょっとした活用術を呟く他、プライベートな呟きもしています。 最近楽しみ方が分かってきて中毒気味。

Uchan`sTV

→シンガーソングライター/山本優作としてのYouTubeチャンネル。
ムービーブログやカヴァー演奏動画などを、ほぼ毎日アップしています。
チャンネル登録よろしくね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です