TwitterのタイムラインをブログやHPに埋め込んでみよう!

昨日キッチンのカウンターテーブルやパソコンを置いていたデスクを捨てました。これでかなり身軽になるだろう、なんて思ってたんですけど、案外そうでもないんですねぇ。大いものは確かに減ってるんですけど、その大きいものに乗せていた細かいものが無くならないから、どうにも減ってる感が足りない・・・本がなぁ・・・いっそ自炊しちゃおうかなぁ・・・

images

自炊作業のダブルドラゴン「断裁機」と「ScanSnap」。断裁機はまだいいんだけど、ScanSnapが4万円くらいするんだよなぁ・・・満喫なんかでやってくれるところがあったはずだから、まとめてお願いしてしまおうかな。

■TwitterのタイムラインをブログやHPに埋め込んでみよう!

以外とやってる人が少ないのがこのテクニック。Twitterをやっててマメに更新しているなら、ブログやHPに埋め込んで大きめの記事や投稿よりももっと生々しい情報として楽しんでもらおうぜ、というものです。特殊なソフトやアプリなんかもいらないし、超簡単です。ぱぱっとやって覚えちゃいましょう。とりあえず今回は、アメーバブログのサイドバーに埋め込むところまでやりましょう。

①Twitterのホーム画面からスタート

スクリーンショット 2013-10-11 6.00.39

パソコンでTwitterのホーム画面を開いたら、”アカウント”のアイコンをクリック。「パソコン画面だと・・・」と驚愕してるガラケーオンリーユーザーはここで膝から崩れ落ちてリタイア。スマホ組はギリギリセーフ、のはず。できなかったらごめんね。

②アカウント画面の右上歯車アイコンをクリック

スクリーンショット 2013-10-11 6.01.05

見たまま。急ぎクリックしたまえ。

③現れたウィンドウの中の”設定”をクリック

スクリーンショット 2013-10-11 6.01.28

ここまで来れてない人はいないよね。信じてる。

④”ウィジェット”をクリック

スクリーンショット 2013-10-11 6.01.47

すると今度はこんな画面にやってくる。なんだか既にTwitterを活用してる感がムクムクとわき起こって来ているはずだ。気持ちよかろう。ふはは。

⑤”新規作成”をクリック

スクリーンショット 2013-10-11 6.02.06
画像だと僕が既に作ってるウィジェットがあるけど、始めてこれを作る人には何も表示されないはずなんで、「画面が違うもうダメだ」とか不安にならなくて大丈夫。たぶん。

⑥あれこれ入力したら画面下にある”タグ”をコピー

スクリーンショット 2013-10-11 6.02.26

必要な情報を入力して、埋め込むカラーや表示するツイートの種類を選んだら、画面の下の方にある謎の英語群をドラッグしてコピー。ここまで来るとアナログ勢は緊張で膝が震えてるはず。手のひらに薔薇と書いて飲み込むといい。漢字を見失って緊張どころではなくなるはずだ。

⑦アメブロのメニューにある”フリープラグイン”にコピーしたタグをペースト

スクリーンショット 2013-10-11 6.03.12
ここからはアメブロの編集画面。画像の流れを見ながら”ブログ管理”→”プラグインの追加”→”フリープラグイン”と進んでみよう。すると真っ白なウィンドウが出てくるので、そこにさっきの謎の英語群を何も考えずにペーストしたら”保存”をクリック。アメブロを使いこなしている感で色んな汁が出るはず。

⑧サイドバーに配置するで

スクリーンショット 2013-10-11 6.03.48

これだけで終わらないのがアメブロのいけずなところ。上のような画面が表示されるはずなので、”こちら”というアイコンをクリック。

⑨”フリープラグイン”を”使用する機能に移動”する

スクリーンショット 2013-10-11 6.04.04
開いた画面のなんかその辺に”フリープラグイン”というアイコンがあるはずだから、それを”使用する機能”の枠の中にドラッグ&ドロップで放り込もう。他のアイコンとの順番でブログ画面に表示される順番が変わるよ。かしこいね。出来たらまた何も考えずに”保存”をクリック。

⑩ブログ画面を見て表示されていたら成功

スクリーンショット 2013-10-11 6.06.02

表示されていなかったら反映が遅れているか、どこかで手順を間違えているはず。ディスプレイに致命的なパンチをしたくなる気持ちを抑えて、初めから見直そう。

ということで、今回はこの辺で。最後までよんでくれて、ありがとうございました。

◇◇Information◇◇

white 2

◇実はこのブログ、記事を提供するだけで終わりではないのです。
ブログ記事を読んで、さらにそれを「自分事」として受け取ることで、記事で解説しているノウハウや思考法が本当の意味であなたのものになります。

そのためのワークを提供するのが『音活寺子屋通信』です。
詳細は、こちらをクリックしてご確認ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です