「ファン」と「友達」って、どう切り分けよう?

今さっきFacebookでシェアされていたリーガルハイの動画を見ていました。

流行の半沢直樹はまだ一回も見てないんですけど、境雅人のこの演技は超カッコイイ。

脚本も痛快快活。

一気にファンになりました。

 

 これくらいズバッと切ってくれる人、本当にいないかな。

―――――――――――――――――――――

「ファン」と「友達」って、どう切り分けよう?

―――――――――――――――――――――

自分を含め、アマチュアアーティストには、ファンの方との距離感を取ることが苦手な方が多いように思います。

そりゃあそうですよね。

こちらのパフォーマンスを良いと思ってくれている方たちなのですから、もっと近付きたくなる気持ちは分かります。

これは、SNSでも同じことが言えます。

というか、リアルもwebもひっくるめた問題です。

ファンというのは、あなたがこれからも楽しませ続けなければならない方のこと

ですよね。

つまり、大切なお客様です。

じゃあ、友達は?

こちらは、気兼ねなく、気負いなく、心安らかに自由にお付き合いのできる方のこと、という風に考えると、ファンとは全く違うもののような気がします。

でも、あなたのステージを友達が見に来てくれたなら、あなたは表現者としてその友達を楽しませないといけないですよね。

だって、お金を払ってくれてるんですから。

「友達」は「ファン」の中に居ます。

あなたを取り囲むファンという大きな輪の中に、ちょっと色の濃い輪がもうひとつあって、それを友達と呼んでいます。

そう考えれば、友達だって全力で楽しませなきゃいけない、ということが分かりますよね。

前にもお伝えしましたが、自立したアーティストというのは本当に小さなビジネスです。

お客様個人個人との関係がめちゃくちゃ大切になります。

友達からお金は取れない、なんていうのは、自分がビッグになったり、金銭的な余裕がたっぷりある時まで取っておくことをお勧めします。

だって、その友達が「得をした」と喜んでお金を出してくれるだけのパフォーマンスをすればいいだけの話しなんですから。

ということで、境雅人の演技を見た後だったんでちょっと強気な記事でしたw。

人によって考え方は色々ですが、ぼんやりした輪郭をハッキリとさせる、何かひとつの参考になれば、幸いです。

それでは、今回も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

―――――――――――――――

山本優作のその他のページ

アクロマガジン

→「提案」「相談」「質問」といった形で、みなさんの毎日のブログ更新のきっかけとなるような情報を発信しているメールマガジンです。

購読される方が増えてきたら、購読されている方同士のブログやSNSを繋ぎ、交流の輪を広げたりするようにしてゆきます。

登録を希望される方は

accr.magazine@gmail.com

に、お名前(ニックネーム可)を記入の上空メールを送って下さい。

Facebook

→日々の色々をゲヘゲヘ笑いながらアップしています。 他のユーザ―さんたちとのやり取りが最も活発なSNSです。

アーティストのための自立自活研究所

→僕が管理しているFacebookページのひとつ。 ビジネス書やビジネスブログ等で勉強した内容を、アーティストに向けた言葉で更新しています。

AmebaBlog

→不定期更新のユーモアエッセイ風ブログです。 土屋賢二さんやさくらももこさんのような、”笑えるブログ”を目指して更新しています。ブログタイトルは~山本優作のエッセイブログ「そこちょいフラットやで」~

Twitter

→SNSのちょっとした活用術を呟く他、プライベートな呟きもしています。 最近楽しみ方が分かってきて中毒気味。

YouTube

→ギターの特殊奏法の解説から走り回るチワワまで、過去から現在までにアップした動画が一堂に会する僕のyoutubeチャンネル。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です